スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Le Sot l'Y Laisse 日本人オーナーシェフの営むアットホームな人気店。

2017/03/16
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら



今更ここで紹介するまでもなく
日本人に圧倒的な人気を誇るレストランがある。

それが Le Sot l'Y Laisse.
IMG_1568.jpg 

11区の東側の庶民エリアにある
カジュアルフレンチのお店です。

IMG_1567.jpg 

オーナーシェフである土井原さんは
日本のポールボキューズで料理長を務めた腕の持ち主。

 IMG_1566.jpg 

彼の作る料理は良い素材を使い
その味を最大限に引き立てるのが特徴。

時には日本の食材を取り入れ
フランス人にとっては新しい味

そして日本人にとっては
どこか懐かしい味を作り出してくれます。



平日のランチメニューは27ユーロ。

IMG_1550.jpg 

ワインも豊富で
並んでいるのから自分で選ぶことも出来るし
グラスの場合は試して選ぶことも出来ます。

でも、こちら
ボトルでの値段がお安い!

なので昼からもがっつり行ってしまいましょ〜。

IMG_1553.jpg 

前菜で選んだサーモンのマリネは
たっぷりのお野菜と一緒に。

シンプルだけれど
野菜本来の甘味とちょっとした苦みがサーモンにピッタリ。

そして何よりも見た目が美しぃ〜。

IMG_1554.jpg 

レモンのクリームがコクを加えてくれるので
サッパリし過ぎてないのも嬉しい。

IMG_1556.jpg 

メインの鮪のステーキは
まさに土井原シェフの真骨頂を見せつけられた1品。

IMG_1557.jpg 

何よりも素材が良い。

そして焼き加減が完璧。
それをシンプルな白ワインのソースで頂くので
素材の味を邪魔しません。

IMG_1560.jpg 

付け合わせのキャベツも歯ごたえ良く
自然の甘味たっぷりで美味でした。



もう1つのメインは鶏肉だったのだけれども
レンズ豆と合わせておりました。

IMG_1562.jpg 

お味は試してないので
よくわからないけれど

同伴の方曰く
”美味しいけど、たべずらい〜”
との事。

確かに部位的に食べづらそうだし
カットすると勢いでレンズ豆が飛んじゃうので
かなり苦戦していた様子です。



デザートのリンゴのコンポートも
シンプルだけれども見た目が豪華で嬉しい。

ランチなのに
これだけ手をかけてくれると
嬉しいわ〜。

IMG_1565.jpg 

このお店定番の
クレームブリュレ。

クレームリュレと言えば
ポールボキューズは有名だから

土井原さんがお得意なのは納得。

FullSizeRender.jpg 

表面がカリカリで
中はけっこうあっさりしておりました。

フランスのビストロとかでよくある
あま〜い、もっち〜〜〜りしたのとは違って
食べやすかったわ。



とっても優しいお味のフレンチを提供してくれるこのお店。

フランスで食べるフレンチを期待すると
物足りないかもしれないけれど

日本の方に人気があるのは納得な
そんなレストランです。

ただ、やっぱり
場所がね、中心から離れていて
観光地からも遠いのよね。

それが常連になりきれない理由だわ〜。

店名
Le Sot l'Y Laisse
ホームページ
無し
住所
70 Rue Alexandre Dumas 75011
電話番号
01 40 09 79 20
予算
前菜+メイン+デザート ランチ 27ユーロ
ディナーの予算はだいたい50〜60ユーロ
ワイン
種類はそこそこ。
ボトルだとお得です。
アクセス方法
Metro Alexandre Dumas駅 徒歩3分
近くの名所
ペールラシェーズ墓地。
予約
必須
お一人様
ありです。
子連れ
ランチなら大丈夫そうです。
外国語
日本語OK
ドレスコード
普通で。
訪問時期
2017年冬


お味:82点
全体的に薄味なので惜しいけど物足りなさもある。
お店の雰囲気:75点
けっこうカジュアルです。
店員の態度:84点
とにかく時間がかかったー
でも、オーナーさん、めちゃくちゃ良い人です。
コスパ:78点
ランチは良いかと。
清潔度:78点
普通かな〜
居心地度:80点
狭すぎず広すぎず。
パリでこれだけ隣とスペースが空いてれば十分。
総合評価:80点


新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
comment (-) @ 全部から探す