FC2ブログ

Caius シェフのこだわりと才能が感じられたレストラン

2012/02/07
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります


今回紹介するレストランは
雰囲気的にはちょっとフォーマルなので
ロマンチックディナーにはぴったりですよ皆さんっ

新婚カップル、ご夫婦、女子友
ちょっとお洒落をして行ってもらいたいお店がコチラ

Caiusさん

凱旋門から徒歩7~8分の場所にあるレストランは
とてもシックで大人な雰囲気
IMG_4317.jpg
平日に伺ったのだけれども
半数のお客が、スーツを着た人達

こんなレストラン、パリではなかなかめずらしい
グルメな方達が仕事帰りに利用する場所なのね
IMG_4316.jpg

メニューはねこうやって黒板に書かれてて
しかもちょっと字が読みにくいけど
頼めばお店の人が英語で説明してくれます
IMG_4312.jpg
メニューは42ユーロの1種類のみ

前菜は残念ながら選べないんだけど
メインは2種類、デザートは3種類から選べました
嬉しい事に前菜は2皿
まず1つ目はコチラの冷たい前菜
IMG_4313.jpg
何の変哲もないアワアワな1品に見えるでしょ?
ふっふっふ~
濃厚なクリームアワアワソースを探ってみると・・・
IMG_4315.jpg
なんとも贅沢な!

ムール貝や生のジロル茸
そしてココdeパンポールと言う
パンポール地方の白いお豆が
しかもこのお豆もちゃんと産地直送らしくとっても新鮮

中身は淡白なお味のものだけだけど
これがこの濃厚ソースとあわさって最高っ!
そして温かい前菜がコチラ
IMG_4318.jpg
ちょっと1つ目のお皿と雰囲気かぶるよね?
でもね、これ
来た途端にテーブル中がトリュフの香りに包まれた
もう、その瞬間から美味しいと確信

そして1口食べると、、、
なんですか、コレ?という位、美味
トリュフの香りはもちろん
超濃厚なパルメザンチーズを使ったソースに
焦がしバターの風味も加わってる
そしてそこにサフランの香りをくわえる事で
くどすぎないさわやかなお味を作り出してる、、、
本来なら過ごすぎてケンカしちゃいそうな組み合わせなのに
完璧なマリアージュ!
アッパレっ

そしてこの中にあるのは
これまた食べた事ない位上質なニョッキ!

普段そんなに好んでニョッキって食べないけど
ここのニョッキは今まで食べたのとは全然違い
茹でたあと、表面を焼く事で
外は香ばしく中がとろ~っとしたニョッキになってるの

それがこのソースに入ってる訳だから
もう美味しいのは必然的

そしてそのくどさを緩和するのが新鮮なグリンピース達
いや~。これだけ食べにまた行きたい。

さてさて
メインはお魚(Lieu Jeune)と鶏肉(Poule)からチョイス
相方が頼んだのはお魚なんだけど
IMG_4323.jpg
これはね、、、ちょっと失敗、、、かな?
前菜2品とかぶりすぎちゃったのよね
濃厚で美味しいは美味しいんだけど
さすがに3連ちゃんはきついよね

つけあわせがこれまた濃厚なポテトのピューレ
IMG_4322.jpg 
お口直しじゃないけど
せめて付け合わせはグリルした野菜とかだと
もっと良かった気がするんだけどな~

ま、余計なお世話かもしれないけど。
でも、美味しかったから、その分ちょっともったいない

私はと言いますと鶏肉をチョイス
IMG_4319.jpg
これはね、ナカナカ面白い?って言っちゃ変だけど
本当に面白いお味
バターソースなんだけど
ちょっと甘みもあり、醤油っぽい味もあり
日本っぽいな~と感じるんだけど
あとから来るアニスの香りで
なんとなく中華っぽさも感じる
でも、やっぱりそれがぐちゃぐちゃしてなくまとまってる
もう、きっとシェフはコラボの天才

ただね、、、ただただ
ちょっとね、塩分強かったな
そこだけが残念

たっぷりキノコと生イチジクを一緒に食べるんだけど
このキノコ達もたっぷりソース吸っちゃってるから
どうしても塩分強く感じちゃったのよね
さてデザートはまずはコチラ
ミラベルというプラムの様なフルーツをバーボンで煮て
そこにバニラアイスを乗っけて食べるの
IMG_4325.jpg 
うちのダーリン、これ絶賛

私も一口もらったけど、うん、普通に美味しい
とっても良い素材を使ってると言うのが一発でわかる

甘すぎずさっぱりしていて
バーボンは香りが残ってるけどアルコールはほとんど飛んでて
とっても食べやすくなってます

私が頼んだのはコチラ、ルバーブのデザート
IMG_4326.jpg
あれ、ルバーブじゃなくてベリーじゃない?
って私も最初思ったけど
このたっぷりベリーのしたに
超濃厚なルバーブのペースとがこれでもか!って位入ってます
そこにクランブル(写真左)をかけていただくんだけど
全体的にはベリーのチーズケーキみたいなお味?
でもね、ちょっとルバーブの酸味が強すぎで
私には厳しかったな

最初はこの上に乗ってるマスカルポーネのクリームを一緒に食べて
美味しい、美味しい、なんて思ってたんだけど
ベリーとルバーブだけがどうしても残ってしまい
あとは酸味との戦い

でも、とっても美味しいんですよ
私がちょっとそこまで強い酸味が得意でなかっただけ
なのかな?
最後のお会計時には
チュッパチャップスなどの飴の缶が出て来て
そんな心遣いもまた嬉しい
IMG_4328.jpg

こちらのレストラン
この内容でこのお値段なのは
やはりコースを絞ってるからなんだと思う
シェフが素材や産地にとてもこだわる方なので
その日一番の材料を使うから
どうしてもこうなっちゃうとか
でも、逆を言うと
いつも新鮮で美味しい食材が食べれるわけだ

特にデザートは
フルーツたっぷり使ってて
その素材へのこだわりがわかりやすかったな
ここはメインはそこまで感動しなかったけど
きっと前菜がおいしすぎて
メインへの期待が高まっちゃってたからよね

久しぶりに、またどうしても行きたい!
と思えるレストランに出会えて満足な夜でした


店名
Caius
ホームページ
コチラ
住所
6 Rue d'armaille 75017
電話番号
01 42 27 19 20
予算
前菜2品+メイン+デザート 42ユーロ
ワイン
けっこう品揃えあり
アクセス方法
Metro1/2/6 Charles de Gaulle Etoile駅
(凱旋門の駅です) 徒歩7分
Metro 1 Argentine 徒歩3分
近くの名所
凱旋門 シャンゼリゼ
予約
あった方が良い
お一人様
ちょっといにくい
子連れ
無理そう
外国語
大丈夫
ドレスコード
ちょっとお上品に
訪問時期
2012年9月


お味:85点
前菜美味しかった〜!
お店の雰囲気:88点
大人な雰囲気で良い感じ
店員の態度:85点
フレンドリーで好印象
お客にならった日本語を披露してくれた
コスパ:85点
これで42ユーロはお得と思えた
清潔度:80点
綺麗でしたよ〜
居心地度:88点
ゆったり出来ました
総合評価:85点
またいきたーい!と思えるお店

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言
前菜美味しかったな〜
絶対にまた行く!


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

スポンサーサイト



comment (-) @ 17区のレストラン
Caius シェフのこだわりと才能が感じられたレストラン | Restaurant Jean お手軽?ミシュラン1つ☆レストラン