FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Restaurant Auguste 新進気鋭のミシュランシェフの店。

2016/01/05
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら



フランスの天才3☆シェフ、ヤニック・アレノ氏の元
5年弱修行をしたガエル・オリュー氏。

DSC_0079 - copie

その彼が2005年に独立し
たった1年でミシュラン1つ☆を獲得したお店が

今回紹介するRestaurant Auguste。

aguste-gorieux-201508-1.jpg

アンヴァリッドやロダン美術館のある
閑静なエリアにあるこちらのレストランは

モダンでセンス溢れる空間。

小さいレストランだけれども

色々な工夫がされており
圧迫感がまったくなく居心地が良い。

aguste-gorieux-201508-18.jpg

通りから見えにくい様に

そして
食事に集中出来る様にと

窓にはブラインドが取り付けられていて

さらには入り口に壁を作る事で
他のお客の出入りも気にならない様になっている。

とても心遣いが感じられる空間。

,c jgbvc 1928

素材にこだわり、お出汁にこだわり
そして見た目の美しさにもこだわる彼のお料理を求め

地元には根強いファン達がたくさんいる。

この日も

とても品の良いムッシュやマダム達が
普段使いのレストランとしてたくさんいらっしゃいました。

aguste-gorieux-201508-2.jpg

そんな彼のお料理を
リーズナブルに頂けてお勧めなのがランチタイム。

前菜+メイン+デザートで37ユーロと言う
お手頃なお値段なのです。

しかもしかも

ランチ時のグラスワインも
10ユーロからと言うお手頃さ。

IMG_6859.jpg

でも

シャンパンは1杯18ユーロでした。
さすがミシュランなお値段ですよ〜

IMG_6857.jpg

前菜で頂いた帆立のお料理
Saint Jaques, Pleuroles aux noisettes du Piemont

帆立の焼き加減が完璧で
旨味と甘味がたっぷり〜

IMG_6865.jpg

それをほろ苦さの残るブドウのソースで頂く
斬新な大人のお味。

ちりばめられたノワゼットの芳ばしさが
これまた不思議な感じ。

IMG_6867.jpg

ちょっぴり個性的な味でもあるので
苦手な人もいるかもしれません。



もう1つの前菜は
Saucisse de Morteau en persillade a la Lyonnaise

IMG_6864.jpg

タイトルから
焼きソーセージのお料理?

なんて思ったら
こんなお洒落なものが運ばれて来てビックリ。

ピュレはジャガイモを使っているんだけど
クリーミーで濃厚なチーズの味もして

うーん、美味。

下の方に隠れているしっかりとしたお味のソーセージと
相性抜群でしたよ。



さて、メインの1つはこちら

Lieu Jaune, mousseline de celeri et pomme verte
IMG_6871.jpg

フランス料理でよく使われる
Lieu Jeuneと言うタラ科のお魚に

セロリと青リンゴの
さっぱりとしたムースのソースが。

たっぷりとバターが使われているので
さっぱりだけどコクのある濃厚なお味。

淡白な白身魚にはぴったりです。

もう1つのメイン
Veau bouillon parfume au foin

子牛肉を使ったお料理。
IMG_6869.jpg

干草で香りづけられたブイヨンのスープと一緒に頂きます。

ローズ色の子牛肉は柔らかくてジューシー。

ナイフを入れると肉汁がブイヨンに溢れ出し
また一段と深みのあるスープが出来上がります。

お野菜は素材の味がしっかりとしていて
透き通ったラビオリはもっちもち。

1皿の中で色々な食感と味が楽しめるお料理でした。

IMG_6876.jpg

デザートのクレープシュゼットは
フランベされたオレンジの香りがテーブルいっぱいに広がります。

IMG_6877.jpg

フロマージュブランのソルベと一緒に頂く
後味の軽いデザート。

IMG_6878.jpg

クレープはかなり肉厚で
ボリューミ〜
IMG_6886.jpg

もう1つは

ライチのジュースを使った
さっぱりとしたデザート

IMG_6881.jpg

かなり濃厚なライチの味で
甘味も強いけれど

ベリーの酸味と
そしてフランボワーズのソルベとあわせると

とっても良い感じ。

ただ

デザートは全体的に
ちょっとシンプル過ぎに思えてしまったのは

きっと前菜とメインのレベルが高かったからね。



お料理は繊細であっさり。

ブイヨンを大事にしているせいか
日本人もほっと出来るフレンチ。

ランチは何度でも足を運ぶ価値があるし
ぜひディナーにも訪れてみたい

そう思えるお店でした。

ちなみにディナーでは
こんな素敵なお料理達が楽しめるらしいです。

Orieux060314- 5582

Orieux060314- 5593

Orieux060314- 5607

Orieux060314- 5603

どれもこれも
本当に美しい〜


店名
Restaurant Auguste
ホームページ
www.restaurant.auguste.fr
住所
54 rue de Bourgogne 75007
電話番号
01 45 51 61 09
予算
前菜+メイン+デザート
ランチ/37ユーロ
ディナー/88ユーロ
ワイン
ソムリエが選んで下さいますよ〜。
アクセス方法
Metro13号 Varenne駅 徒歩2分
近くの名所
アンヴァリッド エッフェル塔
オルセー美術館 ロダン美術館
予約
必須
お一人様
大丈夫そうです
子連れ
ちょっと厳しいかな。
外国語
大丈夫
ドレスコード
それなりに
訪問時期
2015年冬

お味:88点
上品で素材の味を大事にしてます。
お店の雰囲気:88点
モダン〜。お洒落。
店員の態度:90点
シェフがテーブルに挨拶に来て下さいました。
コスパ:82点
ランチはかなり良い。
ディナーも100ユーロ以下なので
かなり良さそうです。
清潔度:90点
トイレも綺麗
居心地度:88点
空間を上手に利用していて
居心地良い。
総合評価:85点
これだけコスパの良いランチは
パリでもなかなか見つかりません。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト
comment (-) @ 全部から探す
Les Papilles カジュアルでもお味は本格的!コスパ抜群のビストロ | Clover 超有名シェフによるアットホームなカジュアルレストラン