FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Seb'on アベスにある予約の取れない創作カジュアルフレンチの店。

2015/11/16
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら



フランス語で美味しいを意味するC'set bon(セボン)

そして多分、だけど
このお店のオーナーシェフである
Sebastien氏の名前から文字って名付けたと思われる

モンマルトルはアベスにある小さなレストラン

"Seb'on"
(セブゥオン)

IMG_6167.jpg

2014年の開店直後
すぐに3ヶ月先まで予約でうまってしまったと言う

パリで今
かなり話題のお店です。



コースメニューは無く
アラカルトで選ぶ感じになっており
IMG_6171.jpg

前菜は12〜14ユーロ
メインは20〜22ユーロ
デザート10ユーロ

全部食べると40ユーロ以上となるので
最近パリで流行のこういったお店の中では
ちょっとお高めかな。

IMG_6177.jpg

お店の人にお願いすると
ちゃんと英語で説明してくれますよ。



パンは
こちらも最近パリのレストランでやたらとよくみかける
ライ麦パン。

IMG_6174.jpg

フォアグラの様なコッテリした料理でも無い限り
私としては普通のバゲットの方が合うと思うんだけどな〜

なんて思いつつ

とりあえず前菜へ〜。
IMG_6173.jpg

とろりとした食感がたまらない数種のキノコのソテーに
チェダーチーズのクランブルがそえられた前菜です。

濃厚なチーズの味と香り
そしてサクサクとした食感が

キノコの淡白なお味のアクセントになっていて美味。

ゴマの香りもあって
良い〜。

椎茸も入っていたので
日本人には馴染みのある優しいお味になってました。
IMG_6172.jpg

メインに頂いた鶏のローストは
脂身が無くあっさり。

ちょっと焼き過ぎ?
パサパサ感があったのが残念。

IMG_6175.jpg

こちらのお料理
アフリカの香辛料"Ras el Hanout"を使ったソースと
コリアンダー(パクチー)のベーストで頂きます。

これがね、けっこう独特なお味で
苦手な人もいるかも。

パクチーはそこまで主張の強く無い
柔らかい味のペーストになっていたけれど

とにかくこの
Ras el hanoutと言うスパイスの
鼻に抜けて行くエキゾチックな香りが強い。

付け合わせの真っ黒なものは
黒米を使ったリゾット。

コレ自体には味がほとんど無く
軽いリゾットで

アクセントのカシューナッツが
芳ばしくて良いお仕事しておりました。

 

友人が頼んだのは
スペイン産牛肉のハムを使った
トリュフのタリアッテッレ。
IMG_6176.jpg

うん、かわいらしい〜

でも、残念ながら味見をしてないので
その味は謎のまま。

ごめんなさい。



デザートはオリーブオイルで作ったアプリコットのクラフティに
レモンバーベナのアイスクリーム。

カリカリなノワゼットのサブレつき。
IMG_6180.jpg

デザートにオリーブオイルって少しビックリしたけれど
癖の無い仕上がりになっていてハーブのアイスクリームとぴったり。

ちょっとノワゼットのサブレが固過ぎて
お口の中でアンバランスな感じになってしまったな。

もうちょい柔らかいソフトクッキーな感じだと
全部がお口のなかでとろ〜っと無くなって
私の好みだったんだけどね。

あくまでも、”私”のね。

IMG_6179.jpg

こちらのレストラン

お料理は全体的に淡白で
量も少なくちょっと物足りなかったな。

あっさりとした味付けなので
日本人にもあいそうな気はするけれど

メインに使っていた香辛料とか
デザートにオリーブオイルとか

個性的な味付けも多いので好き嫌いが別れそうです。

シェフのこだわりと言えばこだわりで
確かに色々な物を上手に使ってはいるんだけど、ね。



最近パリで流行のタイプのお店なので
話題になったのは納得で

先日も電話してみたら
未だに1ヶ月以上先まで満席と言われてしまったけれど

この勢いが続くかはちょっとどうかな。
今後がある意味楽しみかな。


そして

こんなに予約が取れないのは
他のお店に比べて席数が少ないからに違いない。

IMG_6178.jpg

うん、そうに違いない。

と思ったレストランでした。



でもまあ

どうしてもモンマルトルでレストランに行きたいんだ!

と言うのなら
とりあえず候補にあげてもいいかな。

IMG_6181.jpg

お店の雰囲気が可愛らしくて
モンマルトルのイメージが崩れないし

サロンの女性も
フレンドリーで優しいからね。



店名
Seb'on
ホームページ
www.seb-on.com
住所
62 rue d'orsel 75018 PARIS
電話番号
01 42 59 74 32
予算
前菜:10〜12ユーロ
メイン:20〜22ユーロ
デザート:10ユーロ
ワイン
かなり品揃え有りましたよ。
お店の人に選んでもらえます。
アクセス方法
Metro12号 Abbesses駅 徒歩3分
Metro2号/12号 Pigalles駅 徒歩5分
近くの名所
モンマルトル、サクレカール、ムーランルージュ
予約
必須。
お一人様
予約さえ取れれば大丈夫かと。
子連れ
今は難しいかな。
外国語
問題無し。
ドレスコード
普通でOK
訪問時期
2015年夏


お味:75点
好みがかなり別れそうなお料理が多い。
前菜は大好きなお味だったけど
メインが苦手でした。
お店の雰囲気:85点
いかにもパリ、モンマルトルの小さなレストラン。
かわいらしい。
店員の態度:82点
ドライな感じの女性だけど
嫌みの無いさらりとした接客をして下さいます。
コスパ:78点
あまり良いとは思えなかった。
清潔度:80点
清潔感あります。
居心地度:82点
狭い店内でも席を広々ととってくれいていて
居心地は悪く無い。
総合評価:78点
私にとって大事なポイントのお味とコスパの評価が低いので
総合も低めで〜。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト
comment (-) @ 全部から探す
Clover 超有名シェフによるアットホームなカジュアルレストラン | Bistrotters 今パリで最も予約が取りにくいレストランの1つ。