FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Le Grand Pan 素材の良い極上の肉料理に胃袋大満足なレストラン。

2014/01/03
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら



今日は肉料理が激しく美味しい!やばいぞ!
と評判のレストラン

Le Grand Panをご紹介〜

IMG_8648.jpg 

15区の
決して便利とは言えない場所にあるコチラのレストラン

それでも店は連日満席大盛況らしい。

その理由はなんぞや!?と
前から気になっておりまして

念願かなってパリジェンヌのお友達とディナーに行く事に
IMG_8649.jpg 

んが、しかし

8時に予約して店に行ったらガラガラだったんだよねー
噂は嘘?本当?

なんだかちょっぴり不安の私。

とりあえず

何ページもあるワインリストから今日のお相手を選びます。
IMG_8654.jpg 

メニューはその日のオススメが黒板に書いてありまして
IMG_8651.jpg
肉食女子の私達
満場一致で前菜から肉に決定

子牛肉のタルタルでございます〜

IMG_8655.jpg 

ビーフタルタルは
フランスの代表的なお料理ではあるけれど

子牛肉となると
これはナカナカお目にかかれない一品
IMG_8657.jpg 

シンプルなバルサミコ酢とオリーブオイルのソースで
脂が微妙ののったやわらか〜いお肉を頂く

いやー、これを美味と言わずして
何を美味と言いますか?

そりゃ、美味しいです。

そんでもって
このタルタルのなかにシブレットやネギが入ってて

そーなると、、、ですね
けっこうマグロのタルタルっぽく感じてしまったのは

仏在の私が
新鮮な魚に飢えているせいでしょうか?

とにかく、とてもフレッシュで
美味しかったのですよ〜。

たーだーね

1つだけ問題が。

この上にのったお野菜に砂利がいっぱいついていて
口の中でジャリジャリ言うの

これね、フランスの野菜ではけっこうある話で
スーパーで売ってる野菜も砂利がついてるのが常識で

よく洗わないとダメなんだけど

うーん、まさかのレストランで
こんな事が起きるとは

”僕たち、あんまり洗われてませんよ”
って言ってるような物ではないか〜

これはかなりのマイナスポイント

味がいくら良くてもじゃりじゃり言ってたら
その時点で最低の一口になりますからね。

気を取り直して

こちらの名物と言うバスク豚のグリル焼(42ユーロ)
IMG_8659.jpg 

これ、2人分でして

こちらのお肉料理って40ユーロ超えのものが多いけど
たいてい2人分となっているので

間違えるととんでもない事になるので要注意ですよー。

じっくりと焼き上げたバスク豚は

バラ肉の部位なので
脂身を嫌うフランス人にはちょっと抵抗があるんではないかと
心配したけれど

IMG_8665.jpg 

そんな脂身も
不必要な脂は焼いて自然と落ちているせいか

見た目ほど脂っぽくなくて

旨味が凝縮

美味しい〜

IMG_8661.jpg 

シンプルに塩こしょうで味付けされたお肉は

これぞ素材が良いからでる旨さ!
と思える極上のお味

つけあわせにサラダとポテトもつくけれど
IMG_8663.jpg 

ひたすらお肉にかぶりつくのに夢中になってしまい
他の物は後回し〜

でもやっぱり

お肉と言う物は
脂身と言う物は

どんどんとお腹にたまるものでして

2人で完食はならず。

残念。

なーのーに

女子と言うのは不思議なものです。
デザートは別腹ですからね。

そんな私が頼んだのはこちら
ブランマンジェ〜(9ユーロ)
IMG_8667.jpg 

これがね〜
ベリーたっぷりでさっぱりして美味しかった

お肉でこってりとした口を
洗い流してくれる感じ。

贅沢言えばもうちょい量が多くても、、、

このケーキみたいのいらないから
ブランマンジェの量を〜、、、

そしてお友達が頼んだのがコチラ
IMG_8669.jpg 

いちじくです、
いちじくのワイン煮込み(9ユーロ)

これは、ちょっとさっぱりし過ぎかな。
今日のオススメって言ってたけどね。

ま、いちじくが旬だったからかな。

さてさてこちらのレストラン
オーナーは他にも何店舗か人気レストランを持つ人で

その口コミからも
人気があるのは納得ね

お味はと言いますと

うん、確かに悪くない。
てか、美味しい〜

でも、私が頼んだ料理がたまたまだったのか
”料理”と言うよりも”素材”の良さが際立ったお料理が多く

味付けはけっこうシンプルなんだよね。

コテコテのソースのイメージがあるフレンチとは
これまた違う感じのお料理。

試してみる価値はあるかと思います。

でも、女性2人で行くよりかは
男性連れの方がいいかも〜

なんせ、食べきれない肉の量でしたからね。

1皿けっこうなお値段するから
どうせなら食べ切りたいでしょ。

貧乏性、貧乏性。



また行くかって言われたら
うーん、ぶっちゃけ微妙

それはお味ではなく場所の問題。
最寄りのMetroから遠いんだもん

しかもパリの中心からも遠いんだもん。

でも

もし近くに行く用事があるならば
もう1度行ってもいいな〜と、そう思える店でした。


店名
Le Grand Pan
ホームページ
http://www.legrandpan.fr
住所
20 Rue Rosenwald 75015 Paris
電話番号
01 42 50 02 50
予算
前菜+メイン+デザート
アラカルトで40ユーロ〜 
ワイン
かなり種類ありますよー
アクセス方法
Metro13番線 Plaisance駅 徒歩10分
Metro12番線 Convention駅 徒歩13分
近くの名所
うーん、、、
予約
した方が良い
お一人様
バーカウンターもあるからいけるかも
子連れ
あまり小さい子でなければ
外国語
英語出来ましたよ〜
ドレスコード
カジュアルでOK
訪問時期
2013年 秋


お味:82点
シンプルで素材を活かす味、私はけっこう好き〜
お店の雰囲気:80点
パリの小さなレストランって感じ。
店員の態度:85点
フレンドリーでしたよ〜。
コスパ:75点
2人分にしても
安くても42ユーロ〜ってのはちょっと、、、ね。
清潔度:50点
ま、店は普通。でもサラダに砂利が〜
居心地度:68点
ちょっと狭かったな〜。席。
あとね、テーブルががたがた揺れたの。
総合評価:78点
お味は良いんだけどね。
その他が。。。ね


新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト
comment (-) @ 全部から探す
Joe Allen パリの中のニューヨーク? 老舗のアメリカンレストラン | Firmin le Barbier 元外科医がオーナーのビストロ