スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

L'Acajou 2012年 フランスで1番有名になった店

2012/02/27
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります


今回紹介するお店は自他ともに認める
”2012年フランスで1番有名になったお店”

L'Acajou(ラカジュ)さん

なんでそんなに有名になったのかというと
フランスで大人気の料理番組”TOP CHEF”
何万人もの候補者の中からここのシェフが1位になったんです
20120819_993514.jpg
そんなお店、行かずにはいれない!と思った私
さっそく予約を試みてみたけど連日混み混み

2ヶ月前に予約を入れて
やっと行って来たんです

16区でちょっとアクセスしにくい所にあるんだけど
店内はビックリするほど超モダンな作り
CIMG8971.jpg 

入り口のすぐそばに
こんなバーカウンターなんかもあって
CIMG8969.jpg 

テーブルにはシェフのカードがっ!
って思ったら、この裏がメニュー表になってた
CIMG8994.jpg


メニューは60ユーロの1種類のみ
そしてそのメニューからはお料理の内容が全く検討つかない
シェフのお勧めコースみたいな感じ

例えば前菜は
Terre ou Merとしか書かれてなくて

これ、大地か海かって意味。

まあ、山菜系か魚介系?
みたいな感じでしか想像つかなくて
とりあえず2人でそれぞれ違うのを頼んでみた

そして出て来た大地(Terre)がコチラ
CIMG8978.jpg 
あたりまえだけど・・・
さすがに日本の山菜料理とは大違い
綺麗だねぇ〜

ただこれね、、、ぶっちゃけ
びっくりするぐらい全部がまずかった
まあ左の赤ピーマンのムースはギリギリオッケー
半熟卵の上にグリンピースのムースの真ん中もギリオッケー

でもこの右のやつっ!右のスープ!
チキンのブイヨンスープの中にフォアグラが入ってるんだけど
スープの味なんてほとんどないどころか
鶏のブイヨンのニオイが強くて臭い
そのせいでフォアグラの味なんて全然感じない

さて気を取り直して海(mer)の前菜へ
CIMG8974.jpg 
こっちはね、当たりっ
大地の前菜に比べると10000倍美味しかった
(左上)泡のメレンゲの下にさっぱりとしたエビのスープ
ちょい薄味だったかな
(左手前)何かの葉?で包まれた中にほぐした蟹の身がたっぷり
うん。美味しい。けどカレー風味だったのがチョットマイナス
まあ、これは好みの問題かな。
でもそのカレー風味と上のリンゴとの相性が意外に良くてビックリ
(右)これがね、、、確かイカだったかな。
記憶薄い。。。ごめんなさい。
それをカリカリのクランブルとバターの風味のメレンゲと食べる
けっこうこってて美味しかった
さてメインですが
これも意味のわからないメニューから2皿選べと言われる
CASABLANCAとかERQUYとか
もう読むのも困難なタイトルが並んでいて
料理の内容なんてさっぱりわからない。
さすがにお手上げで店員さんに説明してもらったけど
それでも意味不明点が多しっ

しょうがないから素材だけで頼んだのがこれ
手長エビのカルパッチョだったんだけど
これ美味しい〜っ
最高〜っ
CIMG8984.jpg
新鮮な海老を使ってるからこそ出来る極上の1品
海老ってこんなにも甘くぷりぷりしてるんだね~っと
久しぶりの生海老に興奮な私
食べきるのがもったいない!って思えるほど美味しかった

相方もまずはさっぱりとお魚のタルタルで
CIMG8985.jpg
これね、薄切りの野菜達に囲まれてるけど
なかをのぞくとタルタルになった鱈のお魚が
CIMG8989.jpg

日本と比べるとやはり鮮度は落ちるよね。
フランスでは日本以上に美味しい生魚は
まず食べれないのが普通です
お野菜も珍しく、綺麗だけど固くてそんなに美味しくなかった

もう一皿のメイン
何がなんだかよくわからず頼んでしまったコチラ
CIMG8991.jpg
これ、子牛の腎臓デス・・・・
う〜ん、完全に注文間違えた。
腎臓とわかっていれば頼まなかったよ絶対。
料理が右によってるのは、もともとこういう飾り方
これがシェフの美的センスなの。
こういう飾り方をよくするシェフなんだよね

お味はさっぱりしていて美味しかった
腎臓って気づくまでは...
知ったとたん、なんだか拒否反応が出てしまい
まあ、食わず嫌いってやつですよね

でも内蔵独特のクセとか臭みとかあまり感じられず
苦手な人でも行けるくらい美味しい新鮮なお肉でしたw

相方のメインはこちらのラムステーキ
CIMG8992.jpg
これがね照り焼きソースなの
でもお肉にピッタリでびっくり!
やはり日本の万能ソース、照り焼きは
何にあわせても美味しいのよね
ここまで来てそんなにお腹いっぱいにならなかった私達
全体的に薄味で量も少ないんだもん
でもそんな事言っててもココはフランス
きっとデザートがど〜んと出て来て
お腹いっぱい、もう食べれません〜
状態になるに違いない!なんて期待してたら

あれ? なんじゃこりゃ?
ずいぶんこじんまりとしたデザートだね、君。
CIMG8997.jpg

ちなみにメニューには
フルーツ&チョコ
としか書いてなかったからさっぱり想像つかなかったんだけど

この2段式のデザート
上を食べきらないと下にはたどりつけない感じ
だって上のお皿、三角形で置けない。。。

上がチョコレートアイスクリームで
ものすごいサッパリしてて
フランスのチョコレートアイスクリームで
こんなにサッパリしたのは食べた事ないよ、ビックリ。

下はカスタードクリームの中に
チェリーが入ってる感じで
CIMG8999.jpg 
それといって特筆する事なし。
確かに1つ1つの料理がものすごいこってるのはわかるんだけど
全体的にあっさりしすぎてて
なんだか中途半端な味なんだよね~っ
なんか、老人ホームとか病院で出て来る
うす〜い感じのまとまってないお味ばかり。

けっこうアジアのスパイスを取り入れてるんだけど
そのニオイが強く感じられる事も多く
なんとなく苦手な人も多いと思う

たしかにフランスでNO1になったシェフがいるって事で
ハードル上げて来ちゃったから落胆も大きかったのかもしれないけど
私はもう行かなくてもいいかな~。
というかそもそもシェフ、いそがしくって店にいない感じだった
シェフの話しをフロアの人に言ったら
もう出来上がってる彼のサインだけを引き出しからとってきて
はいよって感じでくれた
CIMG8996.jpg 
完全に馬鹿にしてますねぇ。
まあ、テレビで有名になった後は人間ってこんなもんかもね。


店名
L'Acajou
ホームページ
ホームページはコチラ
住所
35 Rue denla fontaine 75016
電話番号
01 42 88 04 47
予算
前菜+メイン2つ+デザートで60ユーロ 
ワイン
色々あったけどお値段高め
アクセス方法
Metro9 Jasmin駅 徒歩5分
近くの名所
マルモッタン美術館から歩けなくもない。
予約
必須。
お一人様
バーカウンターなら入れてくれるかも。
カウンターでもちゃんとコース食べれます
子連れ
奥に個室があったので
そこなら大丈夫かも
外国語
どうにか大丈夫でした
ドレスコード
それなりに綺麗な格好で
訪問時期
2012年7月


お味:68点
うーん、いまいち締まりのない。。。
お店の雰囲気:80点
モダンでいいけどパリっぽくはないかな〜
店員の態度:72点
注文とりに来るのは安すぎ。ゆっくり出来ない。
コスパ:75点
質と量で言うと悪く無い。
味で言うと微妙だけど。
清潔度:78点
まあ、普通に綺麗にしてるけど
値段の割にはテーブルにクロスなんかがなくて
ちょっと気になる人はいるかも
居心地度:60点
席、居心地悪かったな
総合評価:68点
まあ、記念にはなるかねぇ。
今もテレビでまくってる有名人だし。

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言
トップシェフに出てる時は応援してたのにな。
なんか、、、、残念。


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

スポンサーサイト
comment (-) @ 13〜16区のレストラン

Bistrotters 今パリで最も予約が取りにくいレストランの1つ。

2011/09/29
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


ここ数年
予約が取りにくいレストランの1つとして有名な”Bistrotters”

IMG_4857.jpg

観光地から少し離れた14区に位置しているにもかかわらず
連日満員御礼の人気店。

IMG_4859.jpg

そのためパリでは珍しく予約を2部制にしてる程。

IMG_4861.jpg

アミューズブッシュのサーモンは
肉厚で脂たっぷりなのに、ビネガーの軽い酸味で後味すっきり。
見た目も美しくテンションあがる

IMG_4864.jpg

前菜の自家製フォアグラは
いまいちパンチの弱いお味。

IMG_4866.jpg

フォアグラ独特の甘味旨味コクがあまり感じられない。

その分クセが無く食べやすいのでので
フォアグラが得意で無い方も大丈夫そうです。


もう1つの前菜がこちら
アボカドとカニと言う、よくある組み合わせ。

IMG_4865.jpg

さっぱりとサラダ感覚で頂く1品。
まあ、普通に美味しい。


メインは豚肉料理。
アニスが香る濃厚で甘辛いソースは角煮を思わせる。

IMG_4868.jpg

お肉は柔らくジューシーだけど
それは余分な脂身が残っていたからかな。

IMG_4869.jpg

上に乗ってるスライスされた野菜達は
固過ぎて食べれませんでした。

単なる飾りなのかしら。

でも一応、料理の名前に
”パリパリ”的なものがついてたんだよね。

このお野菜を意味してると思うんだけど
全然パリパリじゃなかったわ。


こちら、友人が頼んだメイン。

IMG_4867.jpg

白身魚のお料理。
残念ながら味見をしてないけれど
ちょっと薄味と言っておりました。

こちらにもパリパリと思われる野菜達が。
このお店の売りなのね。


デザートはお店の人のお勧めでリコッタチーズケーキを。
甘さ控えめなのでチーズの味をしっかり感じる1品。

IMG_4871.jpg

ただ、独特な風味があるので苦手な人もいそう。
もっと酸味を増やしてさっぱりとさせてくれたら食べやすいのにな。

IMG_4873.jpg

フルーツがいっぱい添えられてるので
それで酸味補給。

でも、このフルーツ達とケーキ
いまいち相性が良くない気がしちゃったわ。


もうひとつはフォンダンショコラ。

IMG_4872.jpg

けっこうなボリュームです。

中はとろ〜っとしておりまして
チョコ感たっぷり。

ソルベがさっぱりしてるので
お口直ししながら頂けます。

IMG_4862.jpg

こちら

あまりの人気店なので期待しすぎちゃった分落胆が大きく
ちょこっと残念だったけど

お値段に対して量も多く、料理も万人ウケする味なので
コスパは良いですよ。

英語のメニューもあるし。
店員もとてもフレンドリーで感じが良いので
行きやすいお店です。

でもやっぱり2部制なのは
パリ在者としては使い勝手が悪いなぁ。


店名
Bistrotters
ホームページ
www.bistrotters.com
住所
9 Rue Decres 75014
電話番号
01 45 45 58 59
予算
前菜+メイン+デザート 
ワイン
かなりありますよ〜。
お店の人に頼めば色々とお勧めしてくれます。
アクセス方法
Metro13号 Plaisance駅 徒歩2分
近くの名所
モンパルナス
予約
必須
お一人様
ちょっと厳しいかな。
子連れ
ランチとかなら大丈夫そう。
予め伝えるのは必須です。
外国語
全く問題無し。英語のメニューあり。
ドレスコード
カジュアルでOK
訪問時期
2015年春


お味:80点
期待が高過ぎたからかも。
お店の雰囲気:80点
けっこう狭いですよ。
店員の態度:82点
フレンドリーで良いけど忙しそう。
コスパ:88点
これで37ユーロは悪く無い。
清潔度:81点
まあ、ちゃんとしてる。
居心地度:74点
ちょっとね、小さいお店で
狭苦しい感じはある。
総合評価:82点
コスパを考えると悪く無いかな。


新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

comment (-) @ 13〜16区のレストラン

Les Grillades de Buenos Aires パリでがっつりと旨味ある肉を。

2011/05/23
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら



パリでレストランに行くとなると
どうしても狙いはフレンチ!

になるけれど、

多民族が集まるパリは
世界中の美味しいお料理が食べれる街としても有名。

そんな中で今回ご紹介するのは
アルゼンチン料理専門店

”Les Grillades de Buenos Aires”

IMG_8282.jpg

アルゼンチン料理なんて言うと想像がつかないし
パリでわざわざ食べる程でもないんじゃない?

なんて思うかもしれませんが

こちらの店では日本では味わえない
様々なアルゼンチン肉の極上ステーキが頂けます。

IMG_8283.jpg

この日はランチだったので
ランチメニューもあったけれど

しかもかなりお得で
17ユーロから頂けるとの事だけど

IMG_8281.jpg

せっかくなら
がっつりとお肉が食べたいわ!と

こちらのイチオシの極上肉
BABY BEEF(子牛肉のステーキ)を注文。

IMG_8289.jpg

2人前で650gのこちらのお肉は
直径10cm、長さ20cm程の巨大な塊で
どーんとやって来ます。

それでもって1人に一皿
フレンチフライとサラダのプレートが。
IMG_8287.jpg

さてさて肝心のそのお肉は

完全に赤身なのに
ナイフを入れるとびっくりする程柔らかい〜

IMG_8291.jpg

そして口に入れると、肉のうまさが一気に口に広がり
噛めば噛む程旨味がじゅわ〜っと広がります。

IMG_8292.jpg


お店の人がハーブと油の特製ソースを用意してくれるけれど
そんな物は必要なし!

ただただお肉の味を、ちょっとの岩塩と一緒に楽しむ
これが最高の食べ方。

肉汁そのものが極上のソースになっているのです。
IMG_8293.jpg

日本ではこんなレアな状態の赤身肉を食べる事が無いからこそ
パリに来たら味わって頂きたい一品。

自国の牛肉に誇りを持っているパリジャン達をも魅了し
連日満席なのが

何よりこのお店が美味しいと言う証拠なのではないでしょうか。

IMG_8286.jpg

巨大ターミナルである
モンパルナス駅のすぐ近くと言うのも

使い勝手が良さそうだし
覚えておいたら便利なレストランの1つです。



店名
Les Grillades de Buenos Aires
ホームページ
無し
住所
54 rue du Montparnasse 75014 PARIS
電話番号
01 43 21 56 74(夜は2部制で予約受付)
予算
前菜+メイン+デザート
ランチは20ユーロ
ディナーなら40〜50ユーロくらい?
ワイン
パリではめずらしく
アルゼンチンワインが頂けます。
アクセス方法
Metro4,6,12,13号線 Montparnasse駅 徒歩5分
近くの名所
モンパルナス
予約
必須
お一人様
ありだと思います。
子連れ
マナーが守れれば大丈夫かな。
外国語
あまり通じません。
ドレスコード
カジュアルでOK
訪問時期
2016年春


お味:85点
熟成肉好きさんなら大好きかと。
お店の雰囲気:70点
決して良いとは言えない。
店員の態度:80点
フレンドリーですよ。
コスパ:82点
650gで69ユーロ。
高くはないと思います。
清潔度:70点
狭くてごちゃっとした店内なので。
居心地度:72点
狭いな。。。
総合評価:80点
肉が食べたい!と思ったら
また行くと思います。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

comment (-) @ 13〜16区のレストラン