スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Le Jardin Francais(Le Bristol) パラスホテルで優雅にアフタヌーンティーを。

2016/11/22
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


アフタヌーンティーと言えば、
紅茶の国イギリスが誇る文化の1つだけれども、

実は

パリのほとんどの高級ホテルでも楽しむ事が出来るって
ご存知でしたか?
 
IMG_9401.jpg

異国の文化だからなのか
パリではそれほど堅い形式にこだわらず

スコーンのかわりにマドレーヌやフィナンシエだったり

紅茶の前にシャンパンで乾杯だったり

それぞれのホテルによって特色を持った
ティータイムが過ごせます。



その中でもお勧めなのが
パレスホテルの1つ”Le Bristol”

IMG_9451.jpg

このホテルにある
レストランLe Jardin Francaisで

午後3時から6時までの限定で
アフタヌーンティーが頂けるのです。

選べる紅茶の種類も豊富でおかわりも自由なのが嬉しい。

IMG_9471.jpg

紅茶と共に3段のティースタンドで運ばれてくるのは
サンドイッチ系の軽食

この1皿が一人分。

IMG_9470.jpg

マフィンやフィナンシエの小菓子達は
温かい状態で運ばれてきます。

どれも外はカリッと、中はふわふわ。
感激の美味しさです。

IMG_9473.jpg

そしてプチケーキ達。

この日は左から

プチチュー、フランボワーズのタルト
イチゴのマカロン、レモンタルト、
ノワゼットのフィナンシエ
IMG_9475.jpg

どれもこれも美味しいのはもちろん見た目も美しく
ティータイムを華やかに演出してくれます。

全体的にあっさりめのお味で食べやすく
デザートも甘過ぎないので日本人好み。

IMG_9466.jpg

かなりの量なのですが
食べきれない場合はお持ち帰り用として包んでくれます。

そんな心遣いも嬉しい〜♡

IMG_9316.jpg

パリの最高級ホテルの豪華な空間で
スマートな接客の元ゆっくりと過ごせる午後の時間は

何にもかえられない優雅な思い出となる事間違い無し。

パリで皆とはちょっと違う経験をしたい方

ぜひいかがでしょうか?


店名

Jardin Francais (Le Bristol内)
ホームページ
こちら
住所
112 Rue Faubourg Saint Honore 75008 Paris
電話番号
01 53 43 43 42
予算
2名で85ユーロ
シャンパンつきだと120ユーロ
ワイン
シャンパンも紅茶もあります。
アクセス方法
Metro 1号線 Franklin Roosebelt駅 徒歩3分
近くの名所
シャンゼリゼ通り
予約
できません。
お一人様
15時から18時限定です。
子連れ
子連れも大丈夫。
ただ、高級ホテルなので
それなりのマナーが出来るのが大前提。
外国語
問題無し。日本人の方もいらっしゃいます。
ドレスコード
恥ずかしく無い程度にお洒落して。
訪問時期
2016年秋


お味:80点
甘過ぎないのがまた良い。
お店の雰囲気:95点
最高の気分になれます。
店員の態度:90点
さすがブリストルホテル。
コスパ:70点
2名だとぐんとお得。
清潔度:95点
そりゃ、綺麗ですよ〜。
居心地度:90点
最高の空間です。
総合評価:75点
お茶にこの値段を払う気があるかが
評価のわかれめかな。
なのであえて中間位の点数で。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

スポンサーサイト
comment (-) @ 8区のレストラン

Restaurant le W ホテルの中のカジュアルレストラン

2012/01/21
お帰りの時にポチポチと応援クリックお願いします
   にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

今回紹介するのは
日本から来た大人なゲストを連れて行った
Restaurant le W
さん
IMG_4464.jpg
こちら、フランスの口コミサイトでも評判良く
トリップアドバイザーでの上位にいるお店
シャンゼリゼ通りからすぐのHOTEL WARWICKに入っていて
フロントをつっきって奥に行くとあるレストランなので
ちょっと入りにくさはあるけど
店員さん、フレンドリーだし
さすがホテル、しっかりと接客するし
どうどうとしてれば大丈夫

あまりにも評価が高くてずっと気になってたけれど
フランスのグルメサイトのプロモーションで
デグスタシィオンコース
125ユーロが75ユーロに!
とか言うのがやっていて
そもそも125ユーロ自体、高い!
75ユーロになってもまだまだ高い!
HP見たら、1皿69ユーロとかもあり
こりゃ手が出ない!
と諦めていたら
前菜+メイン+デザートで35ユーロ
と言うのがあるのがわかり
基本、皆さん、そちらを頼むみたいなので
IMG_4466.jpg
これなら行けるねっ!と、さっそく予約。
行って来ましたよ~

店内は写真で見るほど重々しく無く
けっこうカジュアル
テーブルもかわいくセッティング
IMG_4465.jpg

私が前菜に頼んだのはコチラ
鯛のタルタルwithヘーゼルナッツ
IMG_4469.jpg
とても綺麗な盛りつけで美味しそう~っ
そしてお味は、、、と言うと
うーんとね、ちょっとね微妙だったのよね。
美味しいんだけど、味もさっぱりしてて良いんだけど
あまりにもヘーゼルナッツの量が多過ぎて
鯛の味が全然しない~っ!
50%はナッツなんじゃない!?って思う位の量
美味しいし綺麗なのに残念~っ

ダーリンが頼んだのが
カシューナッツのラビオリとカボチャのスープ
IMG_4468.jpg
後からスープをかけるパフォーマンスで
なかなか楽しめます
スープはお上品でかぼちゃの甘みもしっかりしてて美味しかった

さてメインはと言いますと
私が頼んだのはチキンとレンズ豆のココット煮
のようなもので
IMG_4472.jpg
どーんとココットごと登場し
自分でお皿に盛って食べるので
IMG_4481.jpg
量も調節しやすいし、なんと言ってもいつも熱々が楽しめる
使っているお肉は胸の脂の無い部位だけで
柔らかいけどさっぱり淡白
煮込んでいるソースもバルサミコ酢なんかを使っていて
これまたさっぱり
女性には嬉しい味
男性にはちょっと物足りないかもな。
ちなみに私は途中でちょっと飽きちゃった。
女子だけど。コッテリ好きなんで。

ダーリンのメインはコチラ
IMG_4475.jpg
お~ 綺麗!
これ、エイなんです。
ソテーしたエイをクレープで巻いてる感じ。
IMG_4477.jpg
香りは旬のセップ茸(ポルチーニ)
これまたバターを使っていてコクはあるけど
意外にサッパリしてて、あんまりインパクトないかも。
ま、普通に美味しい、、、かな。

このお時点でお腹いっぱいだったんだけど
デザートは?と聞かれ
しかもお兄さんがこんな感じで来るものだから
IMG_4484.jpg
覗き込んだが最後
IMG_4482.jpg
うーん、食べたい。ものすごく食べたい。
と言う欲望が出て来てしまい
きわめつけは
「何個でもいいですよ」
の言葉。
こりゃ、頼むしかないよね!
そして盛ってもらったのがコチラ
IMG_4487.jpg
クレームブフュレ(左)
パッションフルーツのパンナコッタ(真ん中)
チョコとなんかのケーキ&ラズベリーソース(右)
それぞれ2口くらいで食べれる大きさなんだけど
3つも頼むとそりゃ、なかなかの重さです
最後はひーひー言いながら食べたけど
デザートは、ここ、美味しい~
レストラン専属のパティシエさんが作ってるんだね
きっと。

こちらはダーリンの選んだデザート
IMG_4489.jpg 
どれも甘すぎず、日本人好みな味デシタ。

こちら、ホテルのレストランと言う事で
しかもHPとかで見ると1皿すごい高いから
ちょっと引いちゃう感じがするけれど
実際行くと、かなりカジュアルな雰囲気で
でも接客などがしっかりしていて
場所もシャンゼリゼからすぐだし
旅行客の方にはとても使いやすいレストランだろうな
って思います

お味ははっきりに言って可も無く不可も無く
そんな美味しいと感動出来るほどではないけれど
まあ、悪くもない。
あくまでも35ユーロの安いメニュー内の話ですが。。。
でも、この雰囲気のお店で125ユーロのコースを食べる
って言う感じでもないな。
それくらいけっこうカジュアル。

私はまた行くかわからないけど
シャンゼリゼ周辺でレストランを探していて
尚かつ、パリにあまり慣れてない人には
お勧めするかもしれません

店名
Restaurant le W
ホームページ
コチラ
住所
5 rue de berri 75008
電話番号
01 45 63 14 11
予算
前菜+メイン+デザート 35ユーロ
前菜+メイン/メイン+デザート 29ユーロ
ワイン
普通
アクセス方法
Metro1号線GeorgeⅤ 徒歩2分
近くの名所
凱旋門 シャンゼリゼ通り
予約
満席ではなかったけど、予約はした方が良いかも
お一人様
ホテルのお客とかか1人で食べてた
子連れ
小さいお子さんはNGかな
外国語
問題ないです
ドレスコード
普通+アルファくらいで
訪問時期
2012年10月


お味:70点
悪く無い。けど感動するほどでもない
お店の雰囲気:75点
ちょっとお洒落なレストランレベル
店員の態度:85点
ホテルならではの接客
コスパ:80点
見た目が綺麗だけど
内容的にはそれほどコスパが良いわけではない
でも場所と雰囲気からするとお得な感じはあり
清潔度:85点
清潔でしたよ〜
居心地度:82点
店の形がちょっとかわってるけど
イスとかテーブルの間隔とか悪く無い
総合評価:78点
日本からのゲストにはいいかも

ランキングに参加しています

このボタンをクリックするだけで
ランキングにポイントが加算されます
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時2つポチポチご協力お願いします

マダム愛の一言

女子には喜ばれそう。
私みたいなコッテリガッツリ好きな女子はダメだけど

もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

comment (-) @ 8区のレストラン