スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

PRAMIL くつろげる空間で素材の良いお料理が楽しめるカジュアルフレンチ

2013/01/13
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


こちらPRAMILさんは
日本人の間ではけっこう有名らしく

検索してみると記事がちらほら

人気なのね〜っ

私が伺ったのはとある平日のディナー
以前1度予約しようとしたけど満席で断られた事あり

なので予約は必須かな。

店内はしっとりとした大人の雰囲気
IMG_4834.jpg 

このお値段のお店にしては
かなりゆったりとしていて居心地良し

メニューは前菜+メイン+デザートで33ユーロ
それぞれをアラカルトで頼む事も出来
その場合は前菜9/メイン20/デザート9ユーロ
IMG_4819.jpg 
ちなみにランチは22ユーロって言うのがあるみたい

この日相方が頼んだ前菜が
カリフラワーのケーキとピーマンのジャム
みたいなやつだったんだけど

ネーミングからすると
なんかケーキの様に綺麗に盛りつけされた
前菜が出て来るのかな?

なんて期待してたら

そのまんまっ
パウンドケーキで登場!
IMG_4821.jpg 

ある意味、画期的?
まさかケーキそのまんまが出て来るとは思わなかった

ケーキはとてもしっとりしていて美味しいし
カリフラワーもたっぷり

でもでも、日本人の感覚からすると
これが前菜と言うのはちょっと抵抗あるかな〜
なんか、パンとかとかわらない位置づけ

美味しいんですけどね。

私の頼んだ前菜は
カボチャと栗のスープにフォアグラのアイス
と言う、熱いのか冷たいのかナゾの料理
IMG_4822.jpg 

そして答えは本当に
”熱くて冷たい”お料理でした

でも、これ美味しかった〜っ
ちょっと甘みのある熱々のスープに
濃厚なフォアグラのアイスクリームがちょっとづつ溶け出して
良い感じに混ざり合い、美味!

全体的にはけっこうあっさりしていて
がんがんいけちゃいます

メインは2人がかぶってしまい
仲良く”イベリコ豚と3種のニンジン”
なるものを注文
IMG_4826.jpg 

写真だとわかりにくいけど
この左の黒い物体が全部ニンジンっ
もう、これでもかってくらいのニンジンっ
人生でニンジンをこんなに食べたの初めてだよっ

お肉はとっても上質で
脂がないけどしっとりとしていてとても柔らかく
いい肉つかってるな〜と言うのが伝わるお味

きになるニンジン君達は
まるで和食のように甘辛い味付けで
まあ、さっぱりとした豚肉には合うんだけど
さすがにこの量、途中で飽きちゃいました

馬じゃあるまいし、、、、、

うーん、せっかくこんなに良い肉出す店なんだから
他のメインにすれば良かったな〜

さてさて
気を取り直してデザートへ

デザートもかぶってしまった私達

そのデザートとは、コチラ

みんな大好き、ミルフィーユ
IMG_4831.jpg 

しかも”栗のアイス”のミルフィーユ

これが見た目によらずあっさりしていて
甘さがおさえてあって
こってり好きの私としてはむしろ物足りないくらい

IMG_4832.jpg 

一見、ボリューミーでこってりしてそうだけど
甘みも相当おさえてあるので
パイ生地が最後に残っちゃった



こちら、お店の雰囲気も悪く無いし
ゆったりとしていて居心地も良い
全体的に薄暗いのでカップルには向いてそう

お料理はだいぶあっさりとしていて
私にとっては物足りないくらいあっさりしてたんだけど

パリのこってりビストロに疲れた人や
あっさり、薄味好きな方には良いかも

お値段もお店の雰囲気の割にはリーズナブルな気がする

でも私は今回メイン失敗したな〜

もう一度挑戦して
他のメインを食べてみて

改めて評価をしたいな

と思った、そんなお店でした


店名
PRAMIL(プラミル)
ホームページ
有り→コチラをクリック
住所
9 Rue Vertbois 75003 
電話番号
01 42 72 03 60
予算
前菜+メイン+デザート 33ユーロ
ワイン
けっこう品揃え豊富。お値段普通。
アクセス方法
Metro3 Temple駅 徒歩2分
Metro3/5/8/9/11 Republique 徒歩5分
近くの名所
マレ地区
予約
必須
お一人様
混んでない時間帯を狙えば。
子連れ
無理そうです
外国語
大丈夫。メニューもあり
ドレスコード
ある程度の格好で。
地元のムッシュ&マダム達がけっこういました

お味:80点
質の良さは感じた
でも、ちょっとあっさりしすぎで飽きやすいかな
私がコッテリ好きだからかも
お店の雰囲気:88点
値段の割には良い
落ち着いていてデートとかに良さそう
店員の態度:85点
とってもフレンドリーで
フランス語と英語で説明してくれた
コスパ:75点
質は良いけど、そんなに凝ってないので
普通かな〜
清潔度:75点
悪く無い。でも暗いからよく見えない
居心地度:75点
たまたま小さなテーブルに通されたので
総合評価:78点
全体的にはそんなに悪くない

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト
comment (-) @ 3〜3bis号線

les Cocottes コンスタン氏が手がけたココット料理の店

2013/01/12
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


パリ7区

エッフェル塔の近くにある
ドミニク通り(Rue Dominique)は

別名
コンスタン通り

と言われていて

なぜならここには
テレビやマスコミで超有名な

ムッシュ・コンスタン
20121220_1195838xx.jpg 

が手がけるレストランがたくさんあるんです。

その中の1つ

Les Cocottes
(レ・ココット)

をご紹介

とても小さそうなレストランだけど
中に入ると

あれ、意外にひろーーーーいっ!
IMG_5108.jpg 

すっごい奥行きで縦長なレストラン。

席はカウンターがメイン

イスは足がプラプラしちゃうくらい高くって
はっきり言って居心地相当悪いです
IMG_5109.jpg 

荷物を置く場所もないし
冬だからコートをどうにかしたいけど
それを置く場所もないわけで

正直、困った。

こちら予約を受け付けてないので
12時のOPENを狙って行こうと思ってたけど

なんやかんやとバタバタし
到着したのは12時15分

でも、余裕
けっこう席あいてて、60%位の入りだったな

カウンターに座ると
英語ペラペラな女の子がメニューをもってきて
IMG_5106.jpg 

ちょっと見えにくいけど
普通にハムの盛り合わせとかもあって
それらの前菜が10〜15ユーロ位

そしてメインのココットは、と言うと

26〜29ユーロ

本日の前菜9ユーロ
本日のココット16ユーロと言うのも一応あるけど
1種類ずつしかないのはつらいよね
IMG_5110.jpg 

さてさてこの日は
ランチの後に甘い物を食べに行こうと決めてたし
ビッグなディナーの予定が入ってたので

とりあえずメインのココットのみを注文。

こちらお友達が頼んだハトとフォアグラのココット
IMG_5112.jpg 

お値段、この大きさで29ユーロ

こりゃ相当高級なお肉とフォアグラを使ってるのか?
と思いきや

一口食べたら
くっさーーーーいっ

めちゃくちゃ臭みの残ったジビエ肉

私、もともとジビエ肉が苦手だったんだけど
フランスに来てから新鮮なジビエ肉を食べる事が増え
だいぶ克服できてたのに

こりゃ、ひどい

しかも、肉が固くてぜんぜんきれない

せっかく中に入ってるフォアグラも
濃いソースと肉の臭みに負けて
ぜんぜん味を感じれなかった

ジビエ肉が大好きで
野生のニオイがプンプンしてるのが好きな人には
まあ、いいかもね。


私は本日のココットを注文(16ユーロ)
IMG_5111.jpg 

これはね、私の中ではけっこうヒット
エイのお魚なんだけど
ビネガーソースでさっぱりとしていてお上品な味付け。

フライにしたお野菜を乗せる事で
さっぱりし過ぎて無く、調和がとれてて美味


でもね

このお店で何が1番問題かって

そもそも

このお店の売りがなってないっ。

だってここ、ココットって名前でしょ?

ココットと言えば
”耐熱容器でそのままオーブンで焼ける!
ってのが売りなわけでしょ?

なのでこんなココット容器で出て来るのを来たいしてたワケ
20121220_1195839cc.jpg 
そんでもって
熱々なお料理をふーふー冷ましながら食べて
冬の冷えきった身体を温める

みたいなのを連想してたのに

実際はこんなのであらわれ
IMG_5111.jpg 

まあ、これもココットの1つではあるからウソではないけど

何が問題かって

これらのお料理
全然、熱く無かった

お店の人が普通に素手でサーブしちゃうくらい

もう、その時点でアウト。

まったくもってココットの意味なしっです。


この店
名前の容器も単なる演出にすぎなくって
普通に料理したお料理を
最後にこういった容器に移してるだけなんだね

と、ガックリ。

お味は、お魚はまあまあだったけど
あの量と質でこれだけの金額を払うなら

私も間違いなく違う店に行きます

ムッシュコンスタンは
もう、料理人ではなく実業家なのよね

予約を取らないスタイルも
観光客が当日でも入りやすくするためだろうし
スタッフも英語で出来る人を揃えてるし。

こちら1時には満席に。
でも半分以上は観光客。

まあ、変な観光客向けのまずいカフェでランチする位なら
ここの方がいいかもしれないけどね。

やるなぁ、コンスタン
テレビにもよく出てるもんね

私は彼のお店とはどうも相性が悪いみたいです

店名
Les Cocottes
ホームページ
コチラ
住所
135 Rue St Dominique
電話番号
01 45 50 10 31
予算
フランスのサイトで1人の平均予算
43ユーロとなってた
ワイン
普通、あまり種類はたくさん無かった
アクセス方法
Metro 3 号線 Ecole Millitaire駅 徒歩5分
近くの名所
エッフェル塔 アンヴァリッド
ロダン美術館
予約
取らない
お一人様
問題無し
子連れ
OK
外国語
英語メニューもあり
ドレスコード
普段着でOK

お味:70点
お魚はオッケー。ハトはアウトっ。
お店の雰囲気:65点
カジュアル。居心地悪い
店員の態度:75点
作ったフレンドリーさって感じ
コスパ:55点
高い!
清潔度:70点
ま、普通
居心地度:50点
悪い。長居は絶対に出来ない
総合評価:65点
もう行かないな。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
comment (-) @ 3〜3bis号線

Une poule sur un mur 私のお気に入りランチ〜

2012/09/20
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


残念ながらこちらのレストランは
閉店したそうです。



むかーしむかしから

と言っても

ここ半年くらいだけど

ず〜っと気になっているレストランがありまして

いつか行こう行こうと考えながら
なかなか行けなかった

Une Poule sur un mur

さんに行ってきました〜
IMG_8403.jpg 

フランスのサイトでも
トリップアドバイザーでも
皆様の訪問記でも

なかなか評価が高くって

でも

一緒に行けそうな相手が見つからず

えーいっ!と1人で入店。

平日の昼12時ジャストだったので
まだ誰もいなかったけれど

どんどんと人は増えて行き
予約の人もけっこういたみたいで

あっと言う間に賑やか空間に

本日のランチメニューと言うのがあり
前菜+メイン/メイン+デザート 16ユーロ
前菜+メイン+デザート 19ユーロ
IMG_8395.jpg 

それぞれ2種類から選べる仕組み。

とりあえず前菜とメインを頼んで
もしお腹に余裕があればデザートも

ってお願いしたら

快く、OK。

さてさてやってきました
本日の前菜の1つ

キノアとエビのサラダ〜っ
IMG_8407.jpg 

うーん

サラダとは思えない美しさっ!
テンション上がります
IMG_8409.jpg 

回りのグリーンのソースは
とってもシンプルなオリーブオイルのソースで
パセリとちょっとした塩しか入ってないのだけど

これがね

”あっ 上質なオリーブオイルッて
本当にソースのかわりになるんだ!”



口に入れた瞬間に感じれた1皿

ビネガーの酸味だけに頼っている
ありがちなサラダドレッシングと全然違って

とってもシンプルなお味ではあるけれど
飽きずにパクパクいけちゃった。

IMG_8413.jpg 

エビは特に高級なのを使っているわけではないけど
サラダとしてはOK

でもってキノアの中に
みじん切りのエシャロットが入ってまして

これが見た目ではわからない位の
こまかーーーい仕事

その酸味&辛みが上手い具合にアクセントになってて
うーん、バランス良いね〜

さてさてメインはタラです、タラ。
IMG_8417.jpg 

これまた、かわゆい。

このお値段のランチメニューとは思えない1皿。
IMG_8415.jpg 

タラの身はやわらかくって
ほどけていく〜

ありがちな”焼き過ぎてパサパサ”って言うのもなく
しっとり〜。

ただ1つだけ言えるなら
もうちょい、あともーーーちょい
皮がぱりっとするまで焼いて欲しかったな。

でも
身のしっとり感を残して
皮パリパリって難しいよね。
IMG_8419.jpg 

そしてこのソースなんだけど
白身魚にありがちなバターソース

なんだけどーっ

ぜんぜん、くどくない。

バターソースなのに
ぜんぜんさっぱりしてる!

泡立てる事でふんわりしてて軽い感じだし
オリーブオイル(緑のソース)がこれまた良いお仕事してまして
バターソースの味を飽きさせない。

お魚の下には
た〜っぷりのニンジンのソテー
IMG_8424.jpg 

これもね
丁度良い具合に焦げ目がついてて
それがまた美味しいんだな。

ソテーされたお野菜って
冷えると過剰だった油がギトギトに出て来て
うわーっ・・・と
食欲減退させる事があるけれど

ここの野菜はその油加減も良い感じで
多すぎず少なすぎず

お野菜のさっぱりさが活かされてまして
良い感じ。

ここまででけっこうお腹いっぱいだったけど

前菜とメインが美味しかったので
ついついデザートも注文

だって3ユーロプラスするだけですからね
食べなきゃ損、そんっ!

そしてやってきたのが
リンゴと洋ナシのクランブル
IMG_8425.jpg 

うーん、思った通り

あっさりしててガンガン行ける

リンゴと洋ナシの酸味でお口すっきり〜っ
IMG_8429.jpg 

お腹いっぱいでも余裕で行けちゃうデザートでした。

ただ
中に入っているリンゴと洋ナシ
もうちょっと食感が残ってても良かったな

コンポートみたいになっちゃってて
それが残念

あと

まあ、ランチのお安いメニューだからしょうがないけど
その場でクランブルを焼いたのではなく

あらかじめ焼いてあったのを
パラパラ〜っと上からかけた感じだったから

それも残念〜

でも3ユーロ追加なら全然アリです、ありありです。
もう1度頼むかって言われたら、頼みます。


このお店

決してお高い食材を使っているワケではないし
凝った内容のお皿でもない

けれども
お皿の飾り方とか
焼き具合、炒め具合etc,,,

なんか

とっても繊細で几帳面な
良いお仕事ができるシェフさんなんだろうな

と言う印象でした

さっぱりしたお料理が多いので
日本人の方にはオススメランチスポットです

私はまた近いうち行くと思います〜。


店名
Une poule sur un mur
ホームページ
www:unepoulesurunmur.fr
住所
rue marie stuart 75002
電話番号
01 42 33 05 89
予算
ランチ:前菜+メイン+デザート 19ユーロ
夜はちょっとお高くなります
ワイン
グラスが4ユーロ前後からあるし
種類もなかなか多い
アクセス方法
Metro3番 Reaumur-Sebastopol駅 徒歩 5分
Metro4番 Etienne Marcel駅 徒歩4分
近くの名所
マレ地区
モントルグイユ商店街
予約
12時ジャストに行けば大丈夫
お一人様
ランチお一人で行きました!
子連れ
混んでないと大丈夫かも。
でも夜は無理そうだな〜
外国語
お姉さん、かたことで一生懸命話してました
ドレスコード
特に。でも昼はビジネスマンも多く
スーツの人がけっこういるのであまりカジュアルすぎると
うくかも。
訪問時期
2013年9月


お味:80点
お値段から考えるともっといいかな〜。
お店の雰囲気:85点
清潔感あって良い。
店員の態度:88点
すごくフレンドリーでいい感じ。気が利く。
コスパ:90点
ランチに関しては良いかと。
量も日本人にはちょうど良いし。
夜はアラカルトでちょっとお高いみたい〜
清潔度:88点
うん、清潔だしモダン。でもパリっぽさもあり。
居心地度:70点
奥の席がベンチ席でつながってるんだけど
3席となりの人がずっと貧乏揺すりしてて
その振動がうざかった。
あと、正直狭い。出るとき大変だった
総合評価:82点
ランチリピ決定〜

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
comment (-) @ 3〜3bis号線