Le Brise Miche 立地の良い人気レストラン

2012/06/12
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります


皆様

パリのど真ん中に
こーんな場所があるのご存知でしょうか?
941502_467081776701126_1545801235_n.jpg 

近代美術館(ポンピドゥー)の横にあるこの噴水
近代美術、、、らしいのですが

私にはまだその芸術性は良くわかりません。

うーむー。

まあ、花より団子の私が紹介するのはこれでは無く
この目の前にあるレストラン

Le Brise Micheさん

トリップアドバイザーで上位にいて

みんな
”立地がいい” ”立地がいい”
って書いてあるけど

じゃあ肝心なお味はどうなのさ

と思い、向かってみたのです。

入り口入ってすぐの所はバーカウンターになっていて
IMG_6055.jpg 

バーとしてでも使えるのかな?

誰もいなかったからよくわからない。

でも、ホームページ見たら
レストラン&ワインバーって書いてあったから

軽く一杯とかもOKなのかも

さてさてテーブルはカジュアルなりに
けっこうすっきりと清潔な感じでして
IMG_6035.jpg 
悪く無い

アペリティフのおつまみとして
すぐにサラミ系が出て来て
IMG_6041.jpg 

このすばやさ、いいよね。
お味も辛いのと普通の2種類あって
どちらも白ワインにあいました

さてメニューなのですが
IMG_6036.jpg 

前菜が8〜15ユーロ
メインは13〜23ユーロ
デザートが8〜10ユーロ

から選ぶ感じなのですが

メインにはステーキ1kgで58ユーロとかもあります。

うーん、あえてパリでチャレンジする必要はないかな。。。

ワインはそれほど品揃えがなくって
特にグラスともなると数種類しかないから
ボトルを頼む相手と行くのが無難かも
IMG_6045.jpg 

さてさて

私は無難にサーモンのカルパッチョ(15ユーロ)
IMG_6047.jpg 

うーん

思った以上に無難。と〜ってもシンプル。

そしてお味はと言いますと
しょっぱ〜い!
なんでカルパッチョなのにこんなに塩辛い?
レモン全部絞りきってどうにか薄めて食べたけど
15ユーロ払って食べる代物では無し。

お相手は牡蠣を頼みまして、6個で9ユーロ
IMG_6049.jpg 

1つお味見させてもらったけど
うへ。生臭い。

牡蠣の地方のブルターニュ人を夫にもつ身としては
牡蠣にはうるさい方なのですが

このクオリティーは相当悪いと見た。
エシャロットとビネガーのソースかけないと
臭くて何個も食べれません

さてさて
気を取り直してメインへ行きましょ。

頼んだのはフレンチの王道
カモ肉のステーキ(17ユーロ)
magret de canard
IMG_6052.jpg 

お、飾り付けがなかなか洒落てるじゃないですか。

問題はお味です、お味。

と思って食べたらですね

うーんー

ガーリックがつよすぎて
鴨肉の香りが消えちゃってる

ポテト+ガーリックは
なかなか良いお味ではあるんだけど
あまりにオイルがでろでろしてて
全部食べきる勇気がなかったよ

全体の味としてはそこまで悪くなかったんだけどね〜

まあ、私の結論から言わせてもらいますと
こちらのがトリップアドバイザーで評価が良いのは

立地が重要ポイントなのね、きっと。

あ、あと、オーナーらしき女性の方の接客も良かったな。
そういうのも大事ですからね。

お味も大事だけど
良い気分で食事が出来るのが
思い出としては大事ですもん

でも私はもう行かないな。残念ですが。



店名
Le Brise Miche
ホームページ
HPはコチラ トリップアドバイザーはコチラ
住所
10 rue brisemiche 75004
電話番号
01 42 78 44 11
予算
前菜+メイン+デザート 35ユーロ位
(個々の値段は文章内参照)
ワイン
あまり種類がない〜
アクセス方法
Metro 1/11号線 Hotel de Ville駅 徒歩5分
Metro 11号線 Rambuteau 徒歩5分
近くの名所
マレ地区
予約
早い時間なら大丈夫かも
お一人様
行けそう
子連れ
赤ちゃん連れ来てたから大丈夫
外国語
多少なら大丈夫
ドレスコード
普段着で
訪問時期
2012年3月


お味:65点
生もの系は食べない方が無難
お店の雰囲気:75点
まあ、普通〜
店員の態度:80点
悪く無い
コスパ:68点
サーモン、高いよ。
清潔度:75点
まあ、それなりに清潔にしてます
居心地度:78点
普通に。悪くはない。席も比較的ゆったり
総合評価:72点
うーん。魅力はないな。私には。

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言
立地って大事ね〜。


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

スポンサーサイト
comment (-) @ 1〜2号線

le Balancoire モンマルトルの思わずリピートしたくなるカジュアルレストラン

2012/02/20
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります


気になってたお店にやっと行って来ましたよ~
その名は

Balancoire

これブランコって意味
なので店にはブランコにのった少女の絵が壁に描いてあるの
CIMG9572.jpg
モンマルトルのカフェ街、アベス通りから少し下った所にあり
テラス席もないからそんなに目立つ店ではないんだけど

これがフランスのグルメサイトで人気で
しかもトリップアドバイザーでも高評価

味に相当な自信があるに違いない!

と期待大で向かったお店
店内には大きなバーカウンターがあってけっこうお洒落
どちらかと言うと若者に人気がありそうな内装
CIMG9573.jpg

早めについたので窓側にある特等席をゲットっ
なんとブランコ付き
もちろん、すわれなんて言われませんよ。飾りです。
多分座っても良いみたいだけどね
CIMG9588.jpg

メニューはアラカルトが基本なんだけど
選べない人のために
前菜盛り+好きなメイン+デザート盛り(36ユーロ)
というのがあり私はこれをチョイス
IMG_4134.jpg
単品で頼むと
前菜7€〜/メイン15€〜/デザート7€〜
と、なかなか手頃なお値段設定

前菜のフォアグラ(10ユーロ)はけっこうあっさり目
重く無くペロリといける感じ
お値段もフォアグラにしてはお安い
タマネギのコンフィがいいお仕事してました
IMG_4142.jpg

エビのパリパリ風みたいなやつ(9ユーロ)
IMG_4146.jpg
タルタルソースで食べるので、味は9割方海老フライ
もう、見てわかる通り、少ない!
たぶん、海老1匹分
物足りないよね~

そして私の前菜盛りは
フォアグラとマスカルポーネのコーンスープ(ポップコーン入り)
そして左奥がパイ生地の上にモッツアレラやらマンゴーやら
ソーセージやら、、、よくわからない盛り。
でも美味しかった。
IMG_4144.jpg

メインはお友達がハラミのステーキ(16ユーロ)を注文
CIMG9574.jpg
真ん中のトマトのソースが濃厚でなかなかの美味
お肉はいたって普通だけどね

そしてうちのダーリンが選んだのが
最近パリで人気のハンバーガー(15ユーロ)
CIMG9577.jpg
といっても、ただのハンバーガーじゃございません
お肉がたっぷりジューシーでチーズも濃厚
ベーコンもたっぷり入ってるスペシャルバーガー
でも、お肉がほとんど味付けしてなくてしかも固い
そしてフランスのハンバーガーにしては小さいな。

私はオススメの鶏肉料理(20ユーロ)を頼んでみた
これのソース、ALBFURA?(定かじゃない)とか言うのが
とーーーーっても気になった
なんかね、フォアグラを使ってる
とっても濃厚なソースらしい
CIMG9579.jpg
ソースの色が真ん中で別れてるのわかるかな?
右の濃い色は普通のグレービーソースな感じなんだけど
左のソースがこのアルブフラとかなんとかソースらしく
焦がしキャラメルのような、、、
でもって、なんだかこくがあるんだけど、、、
チョコレートっぽい甘みすら感じて、、、
とりあえずよくわからないソース
でも、まあ、美味しかったな
ただ、うーん、なんかフォアグラの味はまったくしない
むしろジャンクっぽい味の一品

さてデザートはお店のオススメと言うティラミス
CIMG9582.jpg
こって~~~りという表現がまさにピッタリのティラミス
ホイップクリーム入れてないのかな?
なんかふわふわ感のない濃厚ティラミス
ねっとりしてた
お味はおいしかったけど、濃かったな

私は盛り合わせだったので
プチティラミスの他に2つのデザートが
しかもコーヒー付き
CIMG9580.jpg
これがね、、、、大失敗
左奥はたんなるメロンとスイカでしょ
んでもってこの左手前のやつ!

もう、口にいれたとたん、助けて〜って叫びたくなった

だって、どう見てもお寿司を意識してるでしょ?
その先入観がただでさえあるから
口に入れたとたん
あま~くて、コッテリで
それでいて固めに炊いてあるお米の食感がしっかり残ってて
日本人は間違いなく受け付けないであろうデザート
おえぇぇぇってなった。ぶっちゃけ。
フランスにはリ・オ・レという
ご飯をミルクで炊いたデザートが実際に存在するんだけど
その場合、トロトロになるまでクリームの中で煮込むから
デザートって感じなんだけど(それでも私は嫌い)
このお寿司の形状を保たせるために
固めに作ったお米が
1000%私の裏目に出た一品

最後はお店のサービスで
1人に1杯、テキーラが出て来た
CIMG9587.jpg
これがね、瓶に入っててかわいかった~!
キャラメルのテキーラとキャンディのテキーラ
極甘で、デザート感覚で飲んじゃったけど
実は相当アルコール強いとみた!

ま、そりゃそーだ。
なんせテキーラですもんね、
後で頭くらくら、大変だったw
お店は金曜だったのもあり満席
でもって、常に誰か来て断られてた位大人気
そしてその大半は常連客っぽかったな
でもね、それ納得
はっきり行ってお料理の味は
そこら辺のデリカフェメニューみたいで大した事ない
お安いけど量も少ないしね。

ただ、なんと言ってもこの店
働いている人達のサービスがイイ!
と〜〜〜ってもカジュアルでフレンドリーで
それでいて嫌みのない接客
しかもイケメン揃いときたっ

それがこのお店の人気の秘密ね、きっと
なんとなくリピートしたくなっちゃう雰囲気あるもんね
(味ではなく)
軽くランチくらいなら、また行きたいな
1人で行ってもいいかもね~

店名
Le Balancoire
ホームページ
無し。でも情報はコチラからどうぞ
トリップアドバイザーはコチラ
住所
6 Rue aristide bruant 75018
電話番号
01 42 23 70 83
予算
文中参照にしてください
ワイン
オススメなどもちゃんとあった。グラスで頼めます
アクセス方法
Metro2 Blanche駅 徒歩5分
Metro 12 Abbesses駅 徒歩5分
近くの名所
モンマルトル サクレカール寺院
ムーランルージュ
予約
人気店なのでした方が良い
お一人様
居座らなければオッケ。
回転が速い感じ
子連れ
早い時間にさくっとなら大丈夫かも
外国語
ペラペラなイケメンお兄さんがいた
ドレスコード
カジュアルで
訪問時期
2012年9月


お味:70点
ジャンクっぽい
お店の雰囲気:80点
カジュアルだけどかわいらしい
店員の態度:90点
青春ドラマの俳優みたいなウエィターがいた
しかも接客フレンドリーで良い
コスパ:75点
ジャンクっぽいからね〜
清潔度:75点
ま、普通かな。
居心地度:78点
そこまでぎゅーぎゅーしてないので
まあ、大丈夫
総合評価:78点
カジュアル重視でサクッと食べたい時にはいいかも

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言
リピーターのうち、イケメンウエイター目当ての人
いったい何人いるんだろ?


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

comment (-) @ 1〜2号線

Caius シェフのこだわりと才能が感じられたレストラン

2012/02/07
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります


今回紹介するレストランは
雰囲気的にはちょっとフォーマルなので
ロマンチックディナーにはぴったりですよ皆さんっ

新婚カップル、ご夫婦、女子友
ちょっとお洒落をして行ってもらいたいお店がコチラ

Caiusさん

凱旋門から徒歩7~8分の場所にあるレストランは
とてもシックで大人な雰囲気
IMG_4317.jpg
平日に伺ったのだけれども
半数のお客が、スーツを着た人達

こんなレストラン、パリではなかなかめずらしい
グルメな方達が仕事帰りに利用する場所なのね
IMG_4316.jpg

メニューはねこうやって黒板に書かれてて
しかもちょっと字が読みにくいけど
頼めばお店の人が英語で説明してくれます
IMG_4312.jpg
メニューは42ユーロの1種類のみ

前菜は残念ながら選べないんだけど
メインは2種類、デザートは3種類から選べました
嬉しい事に前菜は2皿
まず1つ目はコチラの冷たい前菜
IMG_4313.jpg
何の変哲もないアワアワな1品に見えるでしょ?
ふっふっふ~
濃厚なクリームアワアワソースを探ってみると・・・
IMG_4315.jpg
なんとも贅沢な!

ムール貝や生のジロル茸
そしてココdeパンポールと言う
パンポール地方の白いお豆が
しかもこのお豆もちゃんと産地直送らしくとっても新鮮

中身は淡白なお味のものだけだけど
これがこの濃厚ソースとあわさって最高っ!
そして温かい前菜がコチラ
IMG_4318.jpg
ちょっと1つ目のお皿と雰囲気かぶるよね?
でもね、これ
来た途端にテーブル中がトリュフの香りに包まれた
もう、その瞬間から美味しいと確信

そして1口食べると、、、
なんですか、コレ?という位、美味
トリュフの香りはもちろん
超濃厚なパルメザンチーズを使ったソースに
焦がしバターの風味も加わってる
そしてそこにサフランの香りをくわえる事で
くどすぎないさわやかなお味を作り出してる、、、
本来なら過ごすぎてケンカしちゃいそうな組み合わせなのに
完璧なマリアージュ!
アッパレっ

そしてこの中にあるのは
これまた食べた事ない位上質なニョッキ!

普段そんなに好んでニョッキって食べないけど
ここのニョッキは今まで食べたのとは全然違い
茹でたあと、表面を焼く事で
外は香ばしく中がとろ~っとしたニョッキになってるの

それがこのソースに入ってる訳だから
もう美味しいのは必然的

そしてそのくどさを緩和するのが新鮮なグリンピース達
いや~。これだけ食べにまた行きたい。

さてさて
メインはお魚(Lieu Jeune)と鶏肉(Poule)からチョイス
相方が頼んだのはお魚なんだけど
IMG_4323.jpg
これはね、、、ちょっと失敗、、、かな?
前菜2品とかぶりすぎちゃったのよね
濃厚で美味しいは美味しいんだけど
さすがに3連ちゃんはきついよね

つけあわせがこれまた濃厚なポテトのピューレ
IMG_4322.jpg 
お口直しじゃないけど
せめて付け合わせはグリルした野菜とかだと
もっと良かった気がするんだけどな~

ま、余計なお世話かもしれないけど。
でも、美味しかったから、その分ちょっともったいない

私はと言いますと鶏肉をチョイス
IMG_4319.jpg
これはね、ナカナカ面白い?って言っちゃ変だけど
本当に面白いお味
バターソースなんだけど
ちょっと甘みもあり、醤油っぽい味もあり
日本っぽいな~と感じるんだけど
あとから来るアニスの香りで
なんとなく中華っぽさも感じる
でも、やっぱりそれがぐちゃぐちゃしてなくまとまってる
もう、きっとシェフはコラボの天才

ただね、、、ただただ
ちょっとね、塩分強かったな
そこだけが残念

たっぷりキノコと生イチジクを一緒に食べるんだけど
このキノコ達もたっぷりソース吸っちゃってるから
どうしても塩分強く感じちゃったのよね
さてデザートはまずはコチラ
ミラベルというプラムの様なフルーツをバーボンで煮て
そこにバニラアイスを乗っけて食べるの
IMG_4325.jpg 
うちのダーリン、これ絶賛

私も一口もらったけど、うん、普通に美味しい
とっても良い素材を使ってると言うのが一発でわかる

甘すぎずさっぱりしていて
バーボンは香りが残ってるけどアルコールはほとんど飛んでて
とっても食べやすくなってます

私が頼んだのはコチラ、ルバーブのデザート
IMG_4326.jpg
あれ、ルバーブじゃなくてベリーじゃない?
って私も最初思ったけど
このたっぷりベリーのしたに
超濃厚なルバーブのペースとがこれでもか!って位入ってます
そこにクランブル(写真左)をかけていただくんだけど
全体的にはベリーのチーズケーキみたいなお味?
でもね、ちょっとルバーブの酸味が強すぎで
私には厳しかったな

最初はこの上に乗ってるマスカルポーネのクリームを一緒に食べて
美味しい、美味しい、なんて思ってたんだけど
ベリーとルバーブだけがどうしても残ってしまい
あとは酸味との戦い

でも、とっても美味しいんですよ
私がちょっとそこまで強い酸味が得意でなかっただけ
なのかな?
最後のお会計時には
チュッパチャップスなどの飴の缶が出て来て
そんな心遣いもまた嬉しい
IMG_4328.jpg
こちらのレストラン
この内容でこのお値段なのは
やはりコースを絞ってるからなんだと思う
シェフが素材や産地にとてもこだわる方なので
その日一番の材料を使うから
どうしてもこうなっちゃうとか
でも、逆を言うと
いつも新鮮で美味しい食材が食べれるわけだ

特にデザートは
フルーツたっぷり使ってて
その素材へのこだわりがわかりやすかったな
ここはメインはそこまで感動しなかったけど
きっと前菜がおいしすぎて
メインへの期待が高まっちゃってたからよね

久しぶりに、またどうしても行きたい!
と思えるレストランに出会えた夜でした


店名
Caius
ホームページ
コチラ
住所
6 Rue d'armaille 75017
電話番号
01 42 27 19 20
予算
前菜2品+メイン+デザート 42ユーロ
ワイン
けっこう品揃えあり
アクセス方法
Metro1/2/6 Charles de Gaulle Etoile駅
(凱旋門の駅です) 徒歩7分
Metro 1 Argentine 徒歩3分
近くの名所
凱旋門 シャンゼリゼ
予約
あった方が良い
お一人様
ちょっといにくい
子連れ
無理そう
外国語
大丈夫
ドレスコード
ちょっとお上品に
訪問時期
2012年9月


お味:85点
前菜美味しかった〜!
お店の雰囲気:88点
大人な雰囲気で良い感じ
店員の態度:85点
フレンドリーで好印象
お客にならった日本語を披露してくれた
コスパ:85点
これで42ユーロはお得と思えた
清潔度:80点
綺麗でしたよ〜
居心地度:88点
ゆったり出来ました
総合評価:85点
またいきたーい!と思えるお店

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言
前菜美味しかったな〜
絶対にまた行く!


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

comment (-) @ 1〜2号線