l'Epigramme 日本人ウケの良い落ち着いた雰囲気のレストラン

2013/01/19
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


連日、学生や仕事帰りの人で賑わう
Odeon界隈
そしてなぜだかアメリカ人が多い
Odeon界隈

その喧騒からちょっと抜け出し
歩く事3〜4分の場所にあるレストラン

L'Epigramme
(エピグラム)

店内はビストロと言うより
ちょっとこ洒落たレストランですっきりしていてgood
IMG_4807.jpg 

高級感があるかった言ったら正直ないけど
さっぱりしてて悪く無い。

店内の奥にはバーカウンターがあって
そこから厨房が良く見えなんとなく安心
IMG_4809.jpg 

とりあえず日本から来たお友達との再会を祝って
乾杯っ
IMG_4788.jpg 
私の印象ではワインは全体的に設定高め〜。

つまみはこんなの。内容不明。しっけい。
IMG_4793.jpg 

メニューは黒板に書いてあって
これが読みにくいのなんのって
IMG_4790.jpg 
でも、頼むと英語でしっかり説明してくれます

こちらメニューだけみたいで
前菜+メイン+デザートでお値段38ユーロ

うーん、パリの中ではちょっと高めの印象
まあ、Odeon価格って感じ?

銀座のお値段が高いのと一緒ね。
しょばだい、しょばだい


そんなメニューからどうにか頼んだのがコチラ

前菜は旬のジロール茸を使ったクリームスープ
IMG_4791.jpg 
う〜ん、悪く無い。
けっこうサッパリしてる
でもぶっちゃけ、カイワレ大根がいる意味がわかんない。
クリーミーなスープにこれは
主張強過ぎでしょ????
フランスではめずらしい食材だから
ついつい使いたくなったのか!?

そしてもう1つの前菜がコチラ
王道のフォアグラっ
IMG_4795.jpg 

が、立ち上がって登場〜っ!
画期的っ
でもってここにもいるよ、カイワレ大根
やっぱりいる意味わかんない。
だってフォアグラに全然あわないもん、

フォアグラ自体はそんなの重すぎずgood
つけあわせのCoing(コワンという洋ナシの様なフルーツ)も
合わせて食べて悪く無い

ただ、コッテリ好きの私としては
ちょっと塩分足りなかったな〜っ
そして何度も言うようだけどカイワレいらない。

さてさて気を取り直してメインへ

私が頼んだのは鶏肉ちゃん。
そして出て来たのはコチラ、あ〜ら綺麗
IMG_4798.jpg 

このレベルの店にしてはなかなかオサレな盛りつけ
でもってお味はと言うと
さっぱりとした脂のない鶏肉だけど柔らかくジューシーで
まあ、普通に美味しい。
でも、温かいうちは美味しかったけど
冷めると肉硬くって、食べるの苦痛だったな。
私には淡白すぎました

そしてつけあわせの
なんかパンケーキみたいなやつの上に
芋が並んだヤツ

確かに綺麗なんだけど
下のスポンジみたいのがねちょねちょしてて
美味しいかって言われると答えはノーです

お皿を綺麗に見せる事を味より優先してる感じ?
ま、確かに綺麗だけどさ。
フレンチフライどかんて来た方がむしろ私には嬉しかったよ

そして相方のメインがコチラ
鴨肉のポワレ
IMG_4800.jpg 

フレンチの王道料理家と思いきや
なんかスパイスを使っているせいで、新しい味
そして結論から言わせてもらうと
パリで鴨を食べるならやっぱり
ちゃんと鴨の専門のお店に行った方がよいかもデス。はい。

味は悪くないし素材も良いんだけど
さっぱりとしたお肉が淡白すぎて途中で飽きちゃう
相方3分の1くらい残してしまったし、、、

さーて気を取り直してデザートっ
私がすぐに決めたのが
タルトタタンのキャラメル味
IMG_4803.jpg 
デザートは時間がかかるから
最初に頼まないとダメですよ〜って言ってたわりに
メインからデザート出るまでの間
かるく30分はあったよ

時差ぼけでお眠むな友人
途中でまぶた撃沈しては浮き上がるの繰り返し
かわいそうだった
30分も待たせるデザートは
ちょっと考えものよね

そしてお味は・・・
まずくないけど、パイの生地が薄すぎ!
もう、紙切れみたいなパイで
リンゴの濃厚な味に押され、甘いだけのデザートに。
美味しかったけど食べきるのはつらかった

そして相方はモエルショコラ
IMG_4805.jpg 

普通な美味しさで特に感動は無し

最後はお茶菓子で締めたけど
お母さんの手作りお菓子みたいな感じだった
IMG_4811.jpg 


あとがき

こちらのレストラン
全体的にさっぱりしたお味なので
こってりに疲れた人には良いし
日本人にはあってるかもしれない

使ってる素材もそんなに悪くなさそうだけど
前菜メイン4皿全てにカイワレ大根って
ちょっと安易すぎるような、、、、
IMG_4802.jpg 

基本、カイワレ大根って
そんなにフレンチには合いませんからね。

ただ、お皿の彩りに良いな〜と
シェフが気に入ってしまったからに違いない

Odeonと言う場所がら
英語も通じるし、お店の人も観光客慣れしてるので
とっても愛想が良いし居心地も良い

ただ、味とコスパ重視で行くなら
そこまでオススメ出来るレストランでは無いかな〜
他にもパリには美味しくて安い店がたくさんあるからね


店名
L'Epigramme(エピグラム)
ホームページ
無し
住所
9 Rue de l'Eperon 75006 Paris
電話番号
01 44 41 00 09
予算
前菜+メイン+デザート 38ユーロ
ワイン
結構高め、種類はそんなに多くは無い
アクセス方法
Metro 4/10 Odeon駅 徒歩3分
近くの名所
サンジェルマンデプレ
ノートルダム大聖堂 サントシャペル
予約
一応しておいた方がgood
お一人様
混んでない時間帯なら大丈夫
子連れ
あまり良い顔はされないかも
外国語
英語ok
ドレスコード
あまりにカジュアルすぎなければ普段着でok

お味:72点
可も無く不可も無く
お店の雰囲気:75点
重厚感はないけど全体的にすっきりとした感じ
店員の態度:90点
おじさんおばさん、めちゃくちゃ良い人
コスパ:65点
決して良いとは思えません
清潔度:60点
ぱっとみ清潔感あるんだけど
テーブルに何も敷いてないので
パンとかそのまま置くのにちょっと抵抗あった
居心地度:75点
けっこう良い。けど隣りの席近め
総合評価:70点
店主の人柄とサービスの良さで人気があるのかも
観光客も多いし
でも、デザートあんなに待たされたのにはビックリ
さっぱりしたものが食べたい時には良いかも

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト
comment (-) @ ノートルダム大聖堂

Le Christine ボリューミーであっさりな上質ランチ。

2012/07/16
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


今回は

最近見つけた
良い感じのランチスポットをご紹介

それがコチラのお店

Le Christineさん
christine 

昔からの建物の良さをいかしつつも
オレンジのビタミンカラーを上手にとりこみ

なかなか可愛らしい内装で
女子ウケ良さそう。

中庭もあるから開放感抜群デス
lachristine.jpg 

平日、月曜日の2時に伺ったのだけど

こちらの厨房は2時でクローズ。
ランチタイムは終了。

もう無理かもとウエイトレスさんに言われたけれど

シェフが特別にOKを下さいまして
すべりこみ、セーフ?

でありつけたランチメニューがコチラ
IMG_0026.jpg 

前菜+メイン/メイン+デザートが22ユーロ

これにさらに
1杯のワイン+カフェorティーがついて25ユーロ

前菜+メイン+デザートでは28ユーロ

と、ランチにしてはまあまあなお値段だけど
ワイン付きで25ユーロなら悪く無い。

しかも全部5〜6種類から選べるし

セットのワインもなみなみと注いでくれるし
パンもかわいくて、しかも美味しかったですよ。
 
さてワタクシの頼んだ前菜ですが
こちら

Sashimi de thon rouge mi-cuit auc epices, sauce vierge
はい、マグロの刺身でございます。
IMG_0037.jpg
 
と言いましても
しっかりと香辛料がけっこうきいたパン粉をまとっていて
クミンやらシナモンがぷんぷん香り

それをオーブンでちょっとだけ焼いてるので
マグロの赤身は生で残っていて

アジアと西欧の完全なるコラボレーション。

ソースはちょこっとアンチョビが入ってる
オリーブオイルソース。あっさり。

日本人的にはちょっと抵抗がある人もいるかもだけど
私としては、ナカナカ面白いお料理ではないかと。

美味しい!絶賛!
ってワケでは無いけど、まあ、アリと言った感じ。

このソースは美味しかったな。
パンにつけて食べたら最高でした。

友人の前菜はフレンチの王道料理
Asperges, oeuf poche et vinaigrette de betterave
アスパラガスとポーチドエッグ。
ビートのビネガーソースかけ。
IMG_0035.jpg 

けっこう細めのアスパラガスですが
お味は濃厚で美味しかった。
ポーチドエッグはちょっとかた過ぎで
とろ〜りって感じではなかったのが残念。

ソースは相当あっさりしておりまして
ビネガーだけど酸味はそれほど強く無くて食べやすかった


さてさてメインですが
1つめがコチラ
Cote de cochonです。豚です、ぶたぶた。
どかんとな。
IMG_0041.jpg 

厚み、2〜3cmはあります。絶対。
重さは300gくらいありそう。

とにかく、第一印象、でかっ!
って、もうそれだけ。

でも、このお肉
食べてびっくり。やわらかくて美味しいの〜。

フランスのポークって
固くて噛んでるうちに味が無くなって
だから必要以上な濃厚ソースつけたりするけど

これ、お肉自体がやわらかく旨味もあるから
あっさりとしたオリーブのソースとの相性良し。

そしてつけあわせの根菜のピューレも
とってもシンプルなお味で
下手にバターとかクリームを混ぜてないのであっさりとしてて

それがまた食べやすくて良いお仕事してました。

さて、もうひとつはこちら
Ris de veauです、リードボー。
それをアメリケーヌソースで、、、なのですが
IMG_0039.jpg 

これまた見かけによらず案外あっさり。
でもリードボー自体がこってりなので
途中からはちょっと重く感じちゃうかな。

お味は上品で悪く無い。

こちらのお店
とにかくメインがボリューミー

なので食後のデザートはパスして
コーヒーで締め。
IMG_0043.jpg 

サンジェルマンデプレ、オデオンと言う
観光地でありにぎやかな界隈だけれども

1歩道を入り
とっても静かなエリアにあるコチラのレストラン

お料理は全体的にとってもあっさりしていて
日本人の口には合いそう〜。

ただ、メインのボリュームがありすぎるので
甘い物も食べたい人は前菜は頼まず

メイン+デザート

にした方が良いかもね。

お店自体も清潔感あってかわいいし
中庭もあってお洒落だし

女子にはお勧め出来るのはもちろん

ボリュームがあるので男子も嬉しいかも

この界隈でランチしたい人には
お勧め出来るレストランです



店名
Le Christine
ホームページ
コチラ
住所
1 rue christine 75006 Paris
電話番号
01 40 51 71 64
予算
ディナー
前菜+メイン+デザート 41ユーロ
ランチ
前菜+メイン+デザート 28ユーロ
前菜+メイン/メイン+デザート 22ユーロ
ワイン
グラスは赤白ともに5種類位あり。
ボトルもまあまあ充実。値段の幅あり。
アクセス方法
Metro4号線 Odeon駅 徒歩3分
Metro10号線 Mabillon 徒歩6分
近くの名所
サンジェルマンデプレ
サンシュルピス教会 ノートルダム大聖堂
サンミッシェル
予約
したほうが無難かな。
お一人様
混雑の時間帯を避ければOK
子連れ
ちょっと厳しいかも
外国語
英語メニューあり。
ドレスコード
カジュアルでも大丈夫。
訪問時期
2013年7月


お味:82点
あっさりしてて、夏に良い。
日本人の口にも比較的あってそう。
お店の雰囲気:85点
かわいらしくて、中庭もあって、厨房も見えて
パリの中では良い方かとー。
店員の態度:82点
フレンドリーでやさしい。
コスパ:75点
ランチは悪く無いけど
ディナーはまあまあなお値段になるもよう。
清潔度:85点
うん。パリにしては上出来!
居心地度:80点
のんびりおだやかランチが出来ました。
席もけっこう広々してます。
総合評価:80点
場所も良いしランチにはお勧めスポット

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
comment (-) @ ノートルダム大聖堂

Le Reminet つねに割引してる不思議なレストラン

2012/01/31
ポチポチと応援クリックお願いします
   にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
クリックするだけで
ランキングに点数が入る仕組みです



今回紹介するのは9月末の平日に
友達と2人で行ったレストラン
Le Reminetさん

トリップアドバイザーでもまあまあな上位にいて
フランスのサイトの評価も悪く無い
フランスグルメサイトでちょうどプロモーションをしており
アラカルトが40%割引になるというので予約
お店は5区のセーヌ川沿いにあって
静かな小道なんだけど
この辺には人気なレストランがけっこうあるのよね
20121016_1090267.jpg

店内は1階と地下にわかれてて
1階は平日8時にもう満席。
地下に通されたんだけど
光がすべて本物のキャンドルでムード満点
CIMG9819.jpg

メニューはコチラなんだけど
全体的にたかーいっ
CIMG9818.jpg

前菜が13~15ユーロ
メインは1皿30ユーロって感じかな
こりゃ、40%オフじゃないとなかなか、、、ね


席に着くとアミューズブッシュが到着っ

マッシュルームのクリームスープ
熱くも冷たくもないんだけど
濃厚ではあるけど薄口でさっぱりいけました
CIMG9822.jpg

前菜はフォアグラとチキン(18ユーロ)
CIMG9825.jpg
普通のフォアグラのテリーヌの中に
チキンが入ってる感じ

フォアグラなのに濃厚さはほとんどなく
お味もとっても薄味
ソースも柑橘系のさっぱりしたものなので
なんとなくまとまりの無い1皿

いまいちインパクトにかけてたな~。
普通に濃厚なバルサミコソースとかの方が
絶対にあってたと思う


そしてメインはコチラ
これは本日のメニューの1つだったんだけど
申し訳ない~っ 料理の名前をメモるの忘れマシタ・・・
ま、お味から推測するに?マグロかな?
CIMG9828.jpg
脂のないさっぱりとしたお魚にこれまたさっぱりとした味付け
お野菜もたっぷりの1品
ソースは濃厚なタルタル?と思いきや
これまたさっぱりのカリフラワーなんぞをつかったソース
ちょっとコレっという味がなく
ぼやけた味とでも言うのか、、


そしてもう1つのメインがコチラ
フィレステーキにフォアグラ(30ユーロ)
CIMG9829.jpg
これね、お肉がとってもサッパリしてるので
日本人にはちょっと物足りないかな~っ
そのサッパリしてる分を補う為に
ファッティーなフォアグラがそえてあるんだろうけど
それでも足りないくらいのさっぱりさ
最終的にはお肉だけ残しちゃいました

そんなに量がいっぱいってわけではないんだけどね
途中で飽きちゃう感じ


前菜+メインでけっこうな量だったので
デザートには辿りつけず、ここで終了

なんかね、全体的に味付けは塩が基本のさっぱり系
それにちょこっとだけのソースなので
素材の味を楽しむレストランって言う感じ。かな。
まあ、そこまでものすごい素材にこだわってる感じでもないけど。
見た目はとっても美しいんだけど
お味は、、、フランスの田舎のレストランに近いかな
古き良き時代の高級フレンチ
みたいな。

これがメニュー通りの値段だったら
きっと不満いっぱいで帰ったけど
40%OFFなら、まあアリかなと納得

今回予約したサイトから
コチラのレストラン、色んなプロモーションしてて
50%OFFになる日もあるみたい
それでもって、その色々なプロモーションを全部見ると・・
結局、毎日何らかの割引をやっていて
最初のメニューはそれを見込んだ上て
高く値段設定してるんだろうな~っと
そんな気がしてならないレストランでした
50%OFFでまた行く?って聞かれたら
うーん、ちょっとご遠慮するかもな。私なら。

店名
Le Reminet
ホームページ
HPはコチラ
割引してるサイトはコチラ(終わってたらゴメンナサイ)
住所
2 Rue des Grands Degres 75005
電話番号
01 44 07 04 24
予算
割引無しなら前菜15ユーロ前後
メインは30ユーロ前後 
ワイン
リストがあり、沢山種類はあるけど
比較的お高めの設定
アクセス方法
Metro10 Maubert Mutualite駅 徒歩5分
Metro4 St Michel/Cite 徒歩8分
近くの名所
ノートルダム大聖堂 サンミッシェル
サントシャペル
予約
しておいた方が無難
お一人様
あまりいない感じ
子連れ
難しいかと
外国語
アメリカ人たくさんいたので大丈夫かと
ドレスコード
普通+アルファで
訪問時期
2012年9月


お味:70点
なんか古くさい味なのよね
おばあちゃんの家の近所のレストランと似てる
お店の雰囲気:85点
地下はなんか独特な雰囲気で面白い
店員の態度:75点
地下だと、定員さんがなかなか来なくて大変だった
接客自体は悪く無いけど
コスパ:50点(割引ありなら75点)
メイン1皿に30ユーロを払うレベルではないと思う
清潔度:75点
暗くてあまり見えないけど
居心地度:65点
雰囲気はゆったりしてるけど
なんせ席の間隔がせまい〜
総合評価:68点
雰囲気だけ楽しむには、まぁ、いいかな〜。
あと、アメリカ人とかイギリス人とかが
好きそうな料理っぽいかも。なんとなく。

ランキングに参加しています

このボタンをクリックするだけで
ランキングにポイントが加算されます
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時2つポチポチご協力お願いします

マダム愛の一言

割引無しで行く人もいるのかな〜?


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

comment (-) @ ノートルダム大聖堂