スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Le Balancoire モンマルトルの思わずリピートしたくなるカジュアルレストラン

2012/02/20
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります


気になってたお店にやっと行って来ましたよ~
その名は

Balancoire

これブランコって意味
なので店にはブランコにのった少女の絵が壁に描いてあるの
CIMG9572.jpg
モンマルトルのカフェ街、アベス通りから少し下った所にあり
テラス席もないからそんなに目立つ店ではないんだけど

これがフランスのグルメサイトで人気で
しかもトリップアドバイザーでも高評価

味に相当な自信があるに違いない!

と期待大で向かったお店
店内には大きなバーカウンターがあってけっこうお洒落
どちらかと言うと若者に人気がありそうな内装
CIMG9573.jpg

早めについたので窓側にある特等席をゲットっ
なんとブランコ付き
もちろん、すわれなんて言われませんよ。飾りです。
多分座っても良いみたいだけどね
CIMG9588.jpg

メニューはアラカルトが基本なんだけど
選べない人のために
前菜盛り+好きなメイン+デザート盛り(36ユーロ)
というのがあり私はこれをチョイス
IMG_4134.jpg
単品で頼むと
前菜7€〜/メイン15€〜/デザート7€〜
と、なかなか手頃なお値段設定

前菜のフォアグラ(10ユーロ)はけっこうあっさり目
重く無くペロリといける感じ
お値段もフォアグラにしてはお安い
タマネギのコンフィがいいお仕事してました
IMG_4142.jpg

エビのパリパリ風みたいなやつ(9ユーロ)
IMG_4146.jpg
タルタルソースで食べるので、味は9割方海老フライ
もう、見てわかる通り、少ない!
たぶん、海老1匹分
物足りないよね~

そして私の前菜盛りは
フォアグラとマスカルポーネのコーンスープ(ポップコーン入り)
そして左奥がパイ生地の上にモッツアレラやらマンゴーやら
ソーセージやら、、、よくわからない盛り。
でも美味しかった。
IMG_4144.jpg

メインはお友達がハラミのステーキ(16ユーロ)を注文
CIMG9574.jpg
真ん中のトマトのソースが濃厚でなかなかの美味
お肉はいたって普通だけどね

そしてうちのダーリンが選んだのが
最近パリで人気のハンバーガー(15ユーロ)
CIMG9577.jpg
といっても、ただのハンバーガーじゃございません
お肉がたっぷりジューシーでチーズも濃厚
ベーコンもたっぷり入ってるスペシャルバーガー
でも、お肉がほとんど味付けしてなくてしかも固い
そしてフランスのハンバーガーにしては小さいな。

私はオススメの鶏肉料理(20ユーロ)を頼んでみた
これのソース、ALBFURA?(定かじゃない)とか言うのが
とーーーーっても気になった
なんかね、フォアグラを使ってる
とっても濃厚なソースらしい
CIMG9579.jpg
ソースの色が真ん中で別れてるのわかるかな?
右の濃い色は普通のグレービーソースな感じなんだけど
左のソースがこのアルブフラとかなんとかソースらしく
焦がしキャラメルのような、、、
でもって、なんだかこくがあるんだけど、、、
チョコレートっぽい甘みすら感じて、、、
とりあえずよくわからないソース
でも、まあ、美味しかったな
ただ、うーん、なんかフォアグラの味はまったくしない
むしろジャンクっぽい味の一品

さてデザートはお店のオススメと言うティラミス
CIMG9582.jpg
こって~~~りという表現がまさにピッタリのティラミス
ホイップクリーム入れてないのかな?
なんかふわふわ感のない濃厚ティラミス
ねっとりしてた
お味はおいしかったけど、濃かったな

私は盛り合わせだったので
プチティラミスの他に2つのデザートが
しかもコーヒー付き
CIMG9580.jpg
これがね、、、、大失敗
左奥はたんなるメロンとスイカでしょ
んでもってこの左手前のやつ!

もう、口にいれたとたん、助けて〜って叫びたくなった

だって、どう見てもお寿司を意識してるでしょ?
その先入観がただでさえあるから
口に入れたとたん
あま~くて、コッテリで
それでいて固めに炊いてあるお米の食感がしっかり残ってて
日本人は間違いなく受け付けないであろうデザート
おえぇぇぇってなった。ぶっちゃけ。
フランスにはリ・オ・レという
ご飯をミルクで炊いたデザートが実際に存在するんだけど
その場合、トロトロになるまでクリームの中で煮込むから
デザートって感じなんだけど(それでも私は嫌い)
このお寿司の形状を保たせるために
固めに作ったお米が
1000%私の裏目に出た一品

最後はお店のサービスで
1人に1杯、テキーラが出て来た
CIMG9587.jpg
これがね、瓶に入っててかわいかった~!
キャラメルのテキーラとキャンディのテキーラ
極甘で、デザート感覚で飲んじゃったけど
実は相当アルコール強いとみた!

ま、そりゃそーだ。
なんせテキーラですもんね、
後で頭くらくら、大変だったw
お店は金曜だったのもあり満席
でもって、常に誰か来て断られてた位大人気
そしてその大半は常連客っぽかったな
でもね、それ納得
はっきり行ってお料理の味は
そこら辺のデリカフェメニューみたいで大した事ない
お安いけど量も少ないしね。

ただ、なんと言ってもこの店
働いている人達のサービスがイイ!
と〜〜〜ってもカジュアルでフレンドリーで
それでいて嫌みのない接客
しかもイケメン揃いときたっ

それがこのお店の人気の秘密ね、きっと
なんとなくリピートしたくなっちゃう雰囲気あるもんね
(味ではなく)
軽くランチくらいなら、また行きたいな
1人で行ってもいいかもね~

店名
Le Balancoire
ホームページ
無し。でも情報はコチラからどうぞ
トリップアドバイザーはコチラ
住所
6 Rue aristide bruant 75018
電話番号
01 42 23 70 83
予算
文中参照にしてください
ワイン
オススメなどもちゃんとあった。グラスで頼めます
アクセス方法
Metro2 Blanche駅 徒歩5分
Metro 12 Abbesses駅 徒歩5分
近くの名所
モンマルトル サクレカール寺院
ムーランルージュ

予約
人気店なのでした方が良い
お一人様
居座らなければオッケ。
回転が速い感じ
子連れ
早い時間にさくっとなら大丈夫かも
外国語
ペラペラなイケメンお兄さんがいた
ドレスコード
カジュアルで
訪問時期
2012年9月


お味:70点
ジャンクっぽい
お店の雰囲気:80点
カジュアルだけどかわいらしい
店員の態度:90点
青春ドラマの俳優みたいなウエィターがいた
しかも接客フレンドリーで良い
コスパ:75点
ジャンクっぽいからね〜
清潔度:75点
ま、普通かな。
居心地度:78点
そこまでぎゅーぎゅーしてないので
まあ、大丈夫
総合評価:78点
カジュアル重視でサクッと食べたい時にはいいかも

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言
リピーターのうち、イケメンウエイター目当ての人
いったい何人いるんだろ?


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

スポンサーサイト
comment (-) @ モンマルトル

Seb'on アベスにある予約の取れない創作カジュアルフレンチの店。

2011/10/25
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら



フランス語で美味しいを意味するC'set bon(セボン)

そして多分、だけど
このお店のオーナーシェフである
Sebastien氏の名前から文字って名付けたと思われる

モンマルトルはアベスにある小さなレストラン

"Seb'on"
(セブゥオン)

IMG_6167.jpg

2014年の開店直後
すぐに3ヶ月先まで予約でうまってしまったと言う

パリで今
かなり話題のお店です。



コースメニューは無く
アラカルトで選ぶ感じになっており
IMG_6171.jpg

前菜は12〜14ユーロ
メインは20〜22ユーロ
デザート10ユーロ

全部食べると40ユーロ以上となるので
最近パリで流行のこういったお店の中では
ちょっとお高めかな。

IMG_6177.jpg

お店の人にお願いすると
ちゃんと英語で説明してくれますよ。



パンは
こちらも最近パリのレストランでやたらとよくみかける
ライ麦パン。

IMG_6174.jpg

フォアグラの様なコッテリした料理でも無い限り
私としては普通のバゲットの方が合うと思うんだけどな〜

なんて思いつつ

とりあえず前菜へ〜。
IMG_6173.jpg

とろりとした食感がたまらない数種のキノコのソテーに
チェダーチーズのクランブルがそえられた前菜です。

濃厚なチーズの味と香り
そしてサクサクとした食感が

キノコの淡白なお味のアクセントになっていて美味。

ゴマの香りもあって
良い〜。

椎茸も入っていたので
日本人には馴染みのある優しいお味になってました。
IMG_6172.jpg

メインに頂いた鶏のローストは
脂身が無くあっさり。

ちょっと焼き過ぎ?
パサパサ感があったのが残念。

IMG_6175.jpg

こちらのお料理
アフリカの香辛料"Ras el Hanout"を使ったソースと
コリアンダー(パクチー)のベーストで頂きます。

これがね、けっこう独特なお味で
苦手な人もいるかも。

パクチーはそこまで主張の強く無い
柔らかい味のペーストになっていたけれど

とにかくこの
Ras el hanoutと言うスパイスの
鼻に抜けて行くエキゾチックな香りが強い。

付け合わせの真っ黒なものは
黒米を使ったリゾット。

コレ自体には味がほとんど無く
軽いリゾットで

アクセントのカシューナッツが
芳ばしくて良いお仕事しておりました。

 

友人が頼んだのは
スペイン産牛肉のハムを使った
トリュフのタリアッテッレ。
IMG_6176.jpg

うん、かわいらしい〜

でも、残念ながら味見をしてないので
その味は謎のまま。

ごめんなさい。



デザートはオリーブオイルで作ったアプリコットのクラフティに
レモンバーベナのアイスクリーム。

カリカリなノワゼットのサブレつき。
IMG_6180.jpg

デザートにオリーブオイルって少しビックリしたけれど
癖の無い仕上がりになっていてハーブのアイスクリームとぴったり。

ちょっとノワゼットのサブレが固過ぎて
お口の中でアンバランスな感じになってしまったな。

もうちょい柔らかいソフトクッキーな感じだと
全部がお口のなかでとろ〜っと無くなって
私の好みだったんだけどね。

あくまでも、”私”のね。

IMG_6179.jpg

こちらのレストラン

お料理は全体的に淡白で
量も少なくちょっと物足りなかったな。

あっさりとした味付けなので
日本人にもあいそうな気はするけれど

メインに使っていた香辛料とか
デザートにオリーブオイルとか

個性的な味付けも多いので好き嫌いが別れそうです。

シェフのこだわりと言えばこだわりで
確かに色々な物を上手に使ってはいるんだけど、ね。



最近パリで流行のタイプのお店なので
話題になったのは納得で

先日も電話してみたら
未だに1ヶ月以上先まで満席と言われてしまったけれど

この勢いが続くかはちょっとどうかな。
今後がある意味楽しみかな。


そして

こんなに予約が取れないのは
他のお店に比べて席数が少ないからに違いない。

IMG_6178.jpg

うん、そうに違いない。

と思ったレストランでした。



でもまあ

どうしてもモンマルトルでレストランに行きたいんだ!

と言うのなら
とりあえず候補にあげてもいいかな。

IMG_6181.jpg

お店の雰囲気が可愛らしくて
モンマルトルのイメージが崩れないし

サロンの女性も
フレンドリーで優しいからね。



店名
Seb'on
ホームページ
www.seb-on.com
住所
62 rue d'orsel 75018 PARIS
電話番号
01 42 59 74 32
予算
前菜:10〜12ユーロ
メイン:20〜22ユーロ
デザート:10ユーロ
ワイン
かなり品揃え有りましたよ。
お店の人に選んでもらえます。
アクセス方法
Metro12号 Abbesses駅 徒歩3分
Metro2号/12号 Pigalles駅 徒歩5分
近くの名所
モンマルトル、サクレカール、ムーランルージュ
予約
必須。
お一人様
予約さえ取れれば大丈夫かと。
子連れ
今は難しいかな。
外国語
問題無し。
ドレスコード
普通でOK
訪問時期
2015年夏


お味:75点
好みがかなり別れそうなお料理が多い。
前菜は大好きなお味だったけど
メインが苦手でした。
お店の雰囲気:85点
いかにもパリ、モンマルトルの小さなレストラン。
かわいらしい。
店員の態度:82点
ドライな感じの女性だけど
嫌みの無いさらりとした接客をして下さいます。
コスパ:78点
あまり良いとは思えなかった。
清潔度:80点
清潔感あります。
居心地度:82点
狭い店内でも席を広々ととってくれいていて
居心地は悪く無い。
総合評価:78点
私にとって大事なポイントのお味とコスパの評価が低いので
総合も低めで〜。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。




もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。

 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
comment (-) @ モンマルトル

Le Descazeau ワイナリーが手がけたレストラン

2011/10/01
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります

8月のとある日

パリはすっかりバカンスモードで
どのお店も閉まってて

外食難民になっていた時に
ネットで検索して探し当てたコチラのお店

Le DESCAZEAU

さん

IMG_8175.jpg 

今年OPENしたばかりの新しいレストランで

経営者はボルドーのワイナリー
と言う

まあ、ありがちなコンセプトのレストラン?

せっかくだからと
コチラのシャトー生産のワインを頂きまして
IMG_8155.jpg 

直送ってコトだからか
そのお値段、ボトルで20ユーロ

やすい〜っ

他のワインに比べると格段に安いから
IMG_8149.jpg 

みんなコレ、頼んでみるよね。

それがこのレストランの狙いでもあるのね、きっと。
美味しかったら、のちのち人気が出て売れるもんね。

そしてそのお味
このお値段にしては悪くなかった

でもわざわざ買うかって言われたら

うーん、
フランスには美味しいワインが沢山ありますからね。


まあ、ワインがお目当てでは無かったので
お食事へ〜

特にコースはないので

前菜(12〜15ユーロ) メイン(19〜25ユーロ)
IMG_8143.jpg 

デザート(8〜10ユーロ)
IMG_8145.jpg 

から選ぶ感じでして

さくっと食べたい私達は
メインとデザートを頼む事に

IMG_8157.jpg 

オーダーをしたら
ワインと一緒に出て来たアミューズブッシュ

IMG_8153.jpg 
フランス版お通しね。

あ〜ら、お洒落なお通しだわ〜
いったい何かしら〜

お魚のムースとか?
エビとかかな?

期待してぱくりと、、、?

なーーーーーんてコトはない、単なる卵です、卵。
超かった〜いゆで卵ならぬ蒸し卵

その上にキノコのソースがかかっているんだけど

ありえん。ありえん。ありえん1品。

レストランが出す料理じゃないよ。

レストランが卵を出すのはいいけれど

プロだからこそ出来るプルプル感とか
そーいうの欲しいよね。

ただ、グラスに卵落として超蒸しただけ。
そこに適当なソースかけてるだけ。

スプーンでほじっても
卵固くて固くて。

大半を残してしまったわ。

さてさてメイン

相方が頼んだのはフレンチの定番
鴨肉さんの桃ソース。(19ユーロ)
IMG_8161.jpg 

と〜ってもシンプルな見た目。

そしてひとくち頂いてみましたが

おおおっ。
フランスに来て久しぶりに食べる
超臭みのある鴨肉!

私、本来、鴨肉って大嫌いだったけど
フランスでフレッシュな鴨肉と出会えるようになり

そこから大好きになったけど

これ、昔の鴨嫌いだった自分を思い出す
日本で食べた、やっす〜い鴨肉の味。

桃のソースは
なんだかアジアンチックで鴨肉には会わないし
ポテトのピューレもドロドロすぎ。

さてと、気を取り直して
私が頼んだメインの

豚肉とセップ茸のソース。リゾット付き〜。(19ユーロ)
IMG_8163.jpg 

あ、れ、、、まさか?

はい、そのまさかです。

アミューズブッシュで卵の上にかかっていたソース
そのまんまの使用です。

2つの皿に同じソース使うなんてありえん。

豚肉固過ぎて、パサパサすぎ。
ソースもリゾットも
なんだか人工的な味がして受け付けない。

なんかね

スーパーで売ってる
水入れて15分たったらリゾットの出来上がり!

みたいなやつの味に極似だった。

ま、、、まさか、、、ねぇ?

しかもお米べちょべちょすぎて
20分は煮込んじゃった?
って感じのお味。

ま、、、まさか、、、ねぇ?

2人そろってだいぶ残してしまったメイン料理

デザートでお腹を埋めましょうと

まずは相方、ガトーショコラ(8ユーロ)
IMG_8167.jpg 

ありがちなガトーショコラ。
いや、ありがちと言うか
相方曰く”これ、冷凍じゃない?”と。

うーんー、、、ありえる!

私が頼んだのはリンゴのパイ
キャラメルソースかけ(10ユーロ)
みたいなやつだけど

IMG_8169.jpg 

食べれば食べる程、、、あまり手作りっぽくないお味。

キャラメルソースは極あまで
歯が痛くなりそうなデザート


うーん

こちらのお店

最初に出て来たパンから最後のデザートまで

なんかね

すべてが人工的な味がしたんだよね。
気のせい? であってほしい。

むしろ、人工的なお味を生み出すのが得意なシェフなのかしら?

これで2人で80ユーロ。

スーパーで買ってくれば
2人で10ユーロですむ話なのに。

あ、あくまでも、私が
”それっぽいお味”と感じただけですので

実際は素材からこだわった
超敏腕シェフの手作りお料理かもしれませんけどね〜。

私はリピはないな。
と言うよりもむしろ

お金返してくれる?

と言いたいくらい。

フランスのグルメサイトではなかなか評価良かったけど
もしや身内が口コミ書いたのかな?

それともバカンスシーズンに行ったから
たまたまシェフが休みでバイトの人が作ったのかな?

とにかく

次は

無い。ですな。

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちらをクリック


店名
Le Descazeau
ホームページ
http://www.descazeau.fr/
住所

37 Rue Nollet 75017
電話番号
01 72 38 09 50
予算
前菜+メイン+デザート 約50ユーロ
アラカルトのみ。
それぞれの値段の詳細は上記文章内参照
ワイン
種類は多い。でも他のシャトーのワインは高い。
アクセス方法
Metro 2番 13番 Place de Clichy駅 徒歩8分
Metro13番 La Fourche駅 徒歩5分
近くの名所
モンマルトル、ムーランルージュ
徒歩15分くらいかな。
予約
満席だった、、、なぜ?
お一人様
大丈夫かな
子連れ
見なかったな〜。ちょっと無理かも。
外国語
無理っぽいです。カタコトなら行ける!
ドレスコード
普通+アルファで
訪問時期
2013年8月


お味:30点
私の好みではなかったのよ〜
お店の雰囲気:75点
まあ、普通。かな。
店員の態度:70点
あまりに人手が無さ過ぎて、来てくれない。
何分またされたコトか
コスパ:30点
コスパも何も、料理自体が好きじゃないので
清潔度:80点
新しいのでこざっぱり。清潔です。
居心地度:80点
椅子もしっかりしてるので居心地は悪く無い。
総合評価:45点
だから、私の好みではなかったの!

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言

無いな。

もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

comment (-) @ モンマルトル