Les Cocottes コンスタン氏が手がけたココット料理の店

2013/01/12
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


パリ7区

エッフェル塔の近くにある
ドミニク通り(Rue Dominique)は

別名
コンスタン通り

と言われていて

なぜならここには
テレビやマスコミで超有名な

ムッシュ・コンスタン
20121220_1195838xx.jpg 

が手がけるレストランがたくさんあるんです。

その中の1つ

Les Cocottes
(レ・ココット)

をご紹介

とても小さそうなレストランだけど
中に入ると

あれ、意外にひろーーーーいっ!
IMG_5108.jpg 

すっごい奥行きで縦長なレストラン。

席はカウンターがメイン

イスは足がプラプラしちゃうくらい高くって
はっきり言って居心地相当悪いです
IMG_5109.jpg 

荷物を置く場所もないし
冬だからコートをどうにかしたいけど
それを置く場所もないわけで

正直、困った。

こちら予約を受け付けてないので
12時のOPENを狙って行こうと思ってたけど

なんやかんやとバタバタし
到着したのは12時15分

でも、余裕
けっこう席あいてて、60%位の入りだったな

カウンターに座ると
英語ペラペラな女の子がメニューをもってきて
IMG_5106.jpg 

ちょっと見えにくいけど
普通にハムの盛り合わせとかもあって
それらの前菜が10〜15ユーロ位

そしてメインのココットは、と言うと

26〜29ユーロ

本日の前菜9ユーロ
本日のココット16ユーロと言うのも一応あるけど
1種類ずつしかないのはつらいよね
IMG_5110.jpg 

さてさてこの日は
ランチの後に甘い物を食べに行こうと決めてたし
ビッグなディナーの予定が入ってたので

とりあえずメインのココットのみを注文。

こちらお友達が頼んだハトとフォアグラのココット
IMG_5112.jpg 

お値段、この大きさで29ユーロ

こりゃ相当高級なお肉とフォアグラを使ってるのか?
と思いきや

一口食べたら
くっさーーーーいっ

めちゃくちゃ臭みの残ったジビエ肉

私、もともとジビエ肉が苦手だったんだけど
フランスに来てから新鮮なジビエ肉を食べる事が増え
だいぶ克服できてたのに

こりゃ、ひどい

しかも、肉が固くてぜんぜんきれない

せっかく中に入ってるフォアグラも
濃いソースと肉の臭みに負けて
ぜんぜん味を感じれなかった

ジビエ肉が大好きで
野生のニオイがプンプンしてるのが好きな人には
まあ、いいかもね。


私は本日のココットを注文(16ユーロ)
IMG_5111.jpg 

これはね、私の中ではけっこうヒット
エイのお魚なんだけど
ビネガーソースでさっぱりとしていてお上品な味付け。

フライにしたお野菜を乗せる事で
さっぱりし過ぎて無く、調和がとれてて美味


でもね

このお店で何が1番問題かって

そもそも

このお店の売りがなってないっ。

だってここ、ココットって名前でしょ?

ココットと言えば
”耐熱容器でそのままオーブンで焼ける!
ってのが売りなわけでしょ?

なのでこんなココット容器で出て来るのを来たいしてたワケ
20121220_1195839cc.jpg 
そんでもって
熱々なお料理をふーふー冷ましながら食べて
冬の冷えきった身体を温める

みたいなのを連想してたのに

実際はこんなのであらわれ
IMG_5111.jpg 

まあ、これもココットの1つではあるからウソではないけど

何が問題かって

これらのお料理
全然、熱く無かった

お店の人が普通に素手でサーブしちゃうくらい

もう、その時点でアウト。

まったくもってココットの意味なしっです。


この店
名前の容器も単なる演出にすぎなくって
普通に料理したお料理を
最後にこういった容器に移してるだけなんだね

と、ガックリ。

お味は、お魚はまあまあだったけど
あの量と質でこれだけの金額を払うなら

私も間違いなく違う店に行きます

ムッシュコンスタンは
もう、料理人ではなく実業家なのよね

予約を取らないスタイルも
観光客が当日でも入りやすくするためだろうし
スタッフも英語で出来る人を揃えてるし。

こちら1時には満席に。
でも半分以上は観光客。

まあ、変な観光客向けのまずいカフェでランチする位なら
ここの方がいいかもしれないけどね。

やるなぁ、コンスタン
テレビにもよく出てるもんね

私は彼のお店とはどうも相性が悪いみたいです

店名
Les Cocottes
ホームページ
コチラ
住所
135 Rue St Dominique
電話番号
01 45 50 10 31
予算
フランスのサイトで1人の平均予算
43ユーロとなってた
ワイン
普通、あまり種類はたくさん無かった
アクセス方法
Metro 3 号線 Ecole Millitaire駅 徒歩5分
近くの名所
エッフェル塔 アンヴァリッド
ロダン美術館
予約
取らない
お一人様
問題無し
子連れ
OK
外国語
英語メニューもあり
ドレスコード
普段着でOK

お味:70点
お魚はオッケー。ハトはアウトっ。
お店の雰囲気:65点
カジュアル。居心地悪い
店員の態度:75点
作ったフレンドリーさって感じ
コスパ:55点
高い!
清潔度:70点
ま、普通
居心地度:50点
悪い。長居は絶対に出来ない
総合評価:65点
もう行かないな。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト
comment (-) @ エッフェル塔

Le Cristal de Sel 日本人に評判の人気店

2012/07/30
レストラン予約
その他・各種チケット予約はこちらからどうぞ

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちら


残念ながらこちらのお店
閉店されたそうです。


パリに来たはいいけど
フランス語出来ないし英語も出来ない

ど〜しよ〜!

と言う方の
駆け込み寺的なレストランがこちらの

Le Cristal de Selさん
IMG_7370.jpg 

パリの中心からちょっと離れた15区にある店でして
なかなか踏み込まないエリアではあるのですが

日本人にとっても評価が良く
色々な方のブログやら記事やらに書かれているので

こりゃ〜、日本人を惹き付ける
何か人気な理由があるに違いない!と

前々からずーーーーっと気になってたお店。

壁にデカデカとメニューが書かれてるけど
IMG_7373.jpg 

もちろん手元にもちゃんと来ますよ

ふむふむふむ? ん?
IMG_7346.jpg 

と思ったら

おーーーっ! 日本語!
日本語のメニューです!
IMG_7349.jpg 

しかも

ありがちなヘンテコな日本語ではなく
メニューの中身がしっかりと伝わるような日本語

きっと日本人が監修してるんだね。

うーん、日本人観光客を
がっちり掴もうと言うアラワレですね。


座るとワインを頼む前からさっさとおつまみみたいのが出て来て
それはすごく嬉しいんだけど
IMG_7350.jpg 
これがね〜

なんか、はっきりいって微妙なお味。

ギリシャ料理のザジキみたいな?
水切りヨーグルトにニンニクやハーブ系を入れたお味。

日本人にはけっこう抵抗あると思うな〜
どーなんだろ。


パンはバゲットでなくライ麦パンみたいなやつ
IMG_7358.jpg 

これも日本の旅行者狙うなら
普通のバゲットの方がパリっぽくていいのにね。
まあ、味わいがあって美味しいパンだったけど。


そして頼んだのが本日のランチ
その名も”食いしん坊のランチメニュー”でして

こちらのお店、ランチは
メインだけが15ユーロ
前菜とメイン/メインとデザートが18ユーロ
となっていまして

メインはその日のお勧めなので選択の余地はありません。
ま、お値段的にはしょうがないかな〜。

そして伺った日のメインがコチラ
IMG_7356.jpg 

カレーです。カレー。

と言っても日本のカレーとはちょっと違いまして
うーん、言うなればカレー味のシチューみたいな?

とってもクリーミーなソースのカレー風味?みたいな?

とにかくそんな感じで
真ん中には鶏のもも肉がどかんと。

そして周りにはたくさんのじゃがいもさん。

うーん
ますますカレーっぽいよね、組み合わせ。
チキンカレーのフランス番みたい。
IMG_7354.jpg 

でも、ココットでこうやって
熱々でちゃんと出て来るのは評価高いかな。
手抜きしてる店だと、最後にのっけるだけだから
全然熱くなかったりするし。

肝心のお味はね
まあ、美味しいのです。
お肉も柔らかくてポテトも食感がしっかり残っててホクホク。
お上品なお味で上手くまとまっていました。

ただ、フレンチを期待してこの店に行ったら
ちょっとがっかりしちゃうだろうなとも思う。

だって、カレーですからね〜。
期待を裏切られちゃう感じ。

住んでる私としては懐かしい感じもしたので
ありなんですけどね。

そしてデザートは
メニューから選べると言うことで
塩バターキャラメルでコンフィしたリンゴのクレープ仕立て
みたいのを頼んでみました
IMG_7364.jpg 

クレープでつつまれている中には

た〜〜〜〜〜っぷりのリンゴ
IMG_7369.jpg 

甘酸っぱくて良い良い、良い感じ
それと塩バターキャラメルを和えて頂くと

うーん、美味しい

でもね
こんだけ量がどっさりだと
途中で飽きちゃう。

日本の女性に完食するにはちょっと重いかも。
まわりがクレープ生地だけなのも
単調な味で飽きてしまう。

パイ生地とかが一緒の方が私は嬉しいな。
あと、バニラのアイスクリームとかが添えてあると
なお良いかも。

でも、他のレストランのデザートに比べると
甘さは控えめで日本人にはあってるお味かと。

IMG_7363.jpg 

全体的にお味は悪く無い。
見た目よりもさっぱりしていて食べやすく

なおかつ
スパイス使いが上手なシェフなんだろうな〜と言う印象。

まあ、1度しか行った事ないからわからないけどね。

ランチはなかなかお値打ちなんじゃないでしょうか?
でもディナーはアラカルトしかないらしく

前菜とメインとデザートで
40ユーロ以上になっちゃうみたいだから
それはちょっと高いかもね〜。

量にもよるけど。

ランチの行き場に困ったら
候補の1つに揚げてもいいのではないでしょうか?


店名
Le Cristal de Sel
ホームページ
コチラです
住所
13 rue mademoiselle 75015
電話番号
01 42 50 35 29
予算
前菜+メイン+デザート 夜は40ユーロ〜
(アラカルトのみ)
ランチコース 18ユーロ
ワイン
グラスも赤白各5種類位あります
アクセス方法
Metro8号線 Commerce駅 徒歩2分
Metro10号線 Avenue Emile Zola 徒歩5分
近くの名所
エッフェル塔
予約
ランチはすいてたけど、、、
むしろガラガラだったけど、、、たまたまかな?
他の人のブログでは予約必須て書いてあったな。
お一人様
すいてれば全然OK
子連れ
大丈夫そう
外国語
英語OK。日本語メニューあり
ドレスコード
特に無し。カジュアルな観光客が多い感じ。
訪問時期
2012年6月


お味:78点
お上品な味なので日本人にはまああってはいるかも
お店の雰囲気:72点
カジュアル。お洒落な食堂みたいな。
店員の態度:90点
かーなーりー、いい人でした
コスパ:77点
ランチは82点 ディナーは72点みたいな?
清潔度:75点
まあ、普通
居心地度:72点
うーん、普通。
混んだらけっこう窮屈な場所もありあそう
総合評価:75点
ランチならいいかな。

新旧レストランブログ過去記事全部から
レストランが探せます。



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」


旧・パリのレストランブログ


ランキングに参加しています。
クリックでランキングに点が入る仕組みですので
下のボタンをクリックお願い致します。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
comment (-) @ エッフェル塔

le P'tit Troquet エッフェル塔近くの人気プチレストラン

2011/12/12
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちらをクリック



お久しぶりです。
久しぶりすぎます。

なんと3ヶ月以上ぶりの更新でございます。

8月に長男が生まれ
育児に忙しく、、、と言うのはまったくの言い訳で

とにかくサボってしまいました。

しいて言うなら
2014年から

日本とフランスで毎月発行されている
フリーペーパーに

レストラン記事を書かせて頂くようになり
コチラです)

それだけで毎月
燃焼しきってしまう。

なーんて。

これまた言い訳ですね。

さてさて気をとりなおして
今日もちゃんとレストランの紹介を。

今回紹介するのは

みんな大好き
パリのシンボル

エッフェル塔!

から歩いて10分程の所にある
かわいらしいレストラン

 Le P'tit Troquetさん
IMG_2896.jpg 

世界のグルメサイト
トリップアドバイザーでも評価が高く

フランスのサイト
La fourchetteでも評判が良い。

それって最高じゃないの!
と思い

パリジェンヌのお友達を誘って
行ってまいりましたよ〜。

内装はかわいらしくて良い感じ。
特に女子ウケは良さそう。

IMG_2897.jpg 

メニューは通常のもの以外に
本日の前菜、メイン、デザートなどもあり

選択肢の幅は広い。

前菜+メイン+デザートで
35ユーロなんだけど

それぞれ6〜7種類から選べます。



私が前菜に頼んだのは
サーモンのマリネ

IMG_2902.jpg 

一見、豪華に見えるかも。だけど。
なんてことはない

真ん中は野菜がてんこもりなだけで
小さなサーモンが3つだけ、ちょんちょこちょんと。

サーモンは新鮮で
お味は悪くなかったんだけど

しいて言わせて頂くなら

くるんであったのがヤギのチーズなのが
私には完全にNG。

なぜって、なぜなら

私、嫌いなんですよ、、、。

ヤギのチーズの独特の臭みが
なんとなくサーモンのフレッシュさを消してしまってて
私にとってはかなり残念でした。

お友達はパルメザンチーズのリゾットを。
IMG_2903.jpg 

お米やわらかすぎ〜。

でもフランスでは普通かな。

なんせ、パスタもアルデンテは存在しない国。

お味はこれまた悪くはないけど
ちっこいよーーー。


さてメインはと言いますと
私の大好きなブフ・ブルギニオンを。

ブルゴーニュ地方の名物料理、

牛肉の赤ワイン煮ですね。
IMG_2905.jpg 

これがね
パンチがなくてイマイチだったな。

煮込みが足りないのかなんなのか
とにかくアッサリし過ぎてて

たべてもたべても物足りない。

入ってるお野菜やお肉は悪くなかったのに
なんだかその分、余計に残念。

お友達が頼んだのがはこちら
IMG_2904.jpg 

・・・・ごめんなさい。
なんだったか忘れマシタ。。。

でも、量が少なくて
ポテトでお腹を満たさせようと言う魂胆が
見えなくも、ない。

まあ、フランスのポテトって
すんごく美味しいから

それもそれで良いんだけど

でもメニューで35ユーロの値段をとるなら
もうちょいこっててもよいのにな。

ちなみにデザートは
クレームブリュレを頼んだんだけど

これも何の面白みもなく
普通のお味でした。


こちらのお店
かなり評価が高いのは

まずはエッフェル塔のすぐ近くと言う立地の良さ。

そして
お店の雰囲気がパリっぽくてかわいい。

お店の人も英語が堪能だし
観光客慣れしていて愛想が良い

メニューは王道なフレンチが並んでいる

などなど

観光客のハートを掴むには
最高の条件を満たしているからかな。

でも実際
お料理の味と質は、と言われると

同じ値段でもっともっと美味しいもの
パリにはいっぱいありますよ。

と、言いたいですね。

ま、私にとってはね。

味よりも
他が大事!って方に取っては

重宝しそうなお店かもしれません。

店名
Le P'tit Troquet
ホームページ
facebookはコチラ
住所
28 rue de l'exposition
電話番号
01 47 05 80 39 
予算
前菜+メイン+デザート 35ユーロ
ワイン
まあまああります
アクセス方法
Metro駅 徒歩分
近くの名所
エッフェル塔 アンヴァリッド
予約
したほうが良さそう
お一人様
大丈夫そう
子連れ
早めの時間ならありかも
外国語
問題無し
ドレスコード
得になし
訪問時期
2014年冬


お味:65点
可も無く不可もなく
お店の雰囲気:80点
かわいいですよ〜
店員の態度:75点
営業スマイル慣れしてます
コスパ:60点
味と量を考えるとね〜
清潔度:72点
まあ、普通
居心地度:78点
悪くは無い
総合評価:68点
こんなもんかな。

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました



もう1つのブログ
「徒然パリ日記」はコチラをクリック


旧・パリのレストランはコチラからどうぞ

comment (-) @ エッフェル塔