Caius シェフのこだわりと才能が感じられたレストラン

2012/02/07
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります


今回紹介するレストランは
雰囲気的にはちょっとフォーマルなので
ロマンチックディナーにはぴったりですよ皆さんっ

新婚カップル、ご夫婦、女子友
ちょっとお洒落をして行ってもらいたいお店がコチラ

Caiusさん

凱旋門から徒歩7~8分の場所にあるレストランは
とてもシックで大人な雰囲気
IMG_4317.jpg
平日に伺ったのだけれども
半数のお客が、スーツを着た人達

こんなレストラン、パリではなかなかめずらしい
グルメな方達が仕事帰りに利用する場所なのね
IMG_4316.jpg

メニューはねこうやって黒板に書かれてて
しかもちょっと字が読みにくいけど
頼めばお店の人が英語で説明してくれます
IMG_4312.jpg
メニューは42ユーロの1種類のみ

前菜は残念ながら選べないんだけど
メインは2種類、デザートは3種類から選べました
嬉しい事に前菜は2皿
まず1つ目はコチラの冷たい前菜
IMG_4313.jpg
何の変哲もないアワアワな1品に見えるでしょ?
ふっふっふ~
濃厚なクリームアワアワソースを探ってみると・・・
IMG_4315.jpg
なんとも贅沢な!

ムール貝や生のジロル茸
そしてココdeパンポールと言う
パンポール地方の白いお豆が
しかもこのお豆もちゃんと産地直送らしくとっても新鮮

中身は淡白なお味のものだけだけど
これがこの濃厚ソースとあわさって最高っ!
そして温かい前菜がコチラ
IMG_4318.jpg
ちょっと1つ目のお皿と雰囲気かぶるよね?
でもね、これ
来た途端にテーブル中がトリュフの香りに包まれた
もう、その瞬間から美味しいと確信

そして1口食べると、、、
なんですか、コレ?という位、美味
トリュフの香りはもちろん
超濃厚なパルメザンチーズを使ったソースに
焦がしバターの風味も加わってる
そしてそこにサフランの香りをくわえる事で
くどすぎないさわやかなお味を作り出してる、、、
本来なら過ごすぎてケンカしちゃいそうな組み合わせなのに
完璧なマリアージュ!
アッパレっ

そしてこの中にあるのは
これまた食べた事ない位上質なニョッキ!

普段そんなに好んでニョッキって食べないけど
ここのニョッキは今まで食べたのとは全然違い
茹でたあと、表面を焼く事で
外は香ばしく中がとろ~っとしたニョッキになってるの

それがこのソースに入ってる訳だから
もう美味しいのは必然的

そしてそのくどさを緩和するのが新鮮なグリンピース達
いや~。これだけ食べにまた行きたい。

さてさて
メインはお魚(Lieu Jeune)と鶏肉(Poule)からチョイス
相方が頼んだのはお魚なんだけど
IMG_4323.jpg
これはね、、、ちょっと失敗、、、かな?
前菜2品とかぶりすぎちゃったのよね
濃厚で美味しいは美味しいんだけど
さすがに3連ちゃんはきついよね

つけあわせがこれまた濃厚なポテトのピューレ
IMG_4322.jpg 
お口直しじゃないけど
せめて付け合わせはグリルした野菜とかだと
もっと良かった気がするんだけどな~

ま、余計なお世話かもしれないけど。
でも、美味しかったから、その分ちょっともったいない

私はと言いますと鶏肉をチョイス
IMG_4319.jpg
これはね、ナカナカ面白い?って言っちゃ変だけど
本当に面白いお味
バターソースなんだけど
ちょっと甘みもあり、醤油っぽい味もあり
日本っぽいな~と感じるんだけど
あとから来るアニスの香りで
なんとなく中華っぽさも感じる
でも、やっぱりそれがぐちゃぐちゃしてなくまとまってる
もう、きっとシェフはコラボの天才

ただね、、、ただただ
ちょっとね、塩分強かったな
そこだけが残念

たっぷりキノコと生イチジクを一緒に食べるんだけど
このキノコ達もたっぷりソース吸っちゃってるから
どうしても塩分強く感じちゃったのよね
さてデザートはまずはコチラ
ミラベルというプラムの様なフルーツをバーボンで煮て
そこにバニラアイスを乗っけて食べるの
IMG_4325.jpg 
うちのダーリン、これ絶賛

私も一口もらったけど、うん、普通に美味しい
とっても良い素材を使ってると言うのが一発でわかる

甘すぎずさっぱりしていて
バーボンは香りが残ってるけどアルコールはほとんど飛んでて
とっても食べやすくなってます

私が頼んだのはコチラ、ルバーブのデザート
IMG_4326.jpg
あれ、ルバーブじゃなくてベリーじゃない?
って私も最初思ったけど
このたっぷりベリーのしたに
超濃厚なルバーブのペースとがこれでもか!って位入ってます
そこにクランブル(写真左)をかけていただくんだけど
全体的にはベリーのチーズケーキみたいなお味?
でもね、ちょっとルバーブの酸味が強すぎで
私には厳しかったな

最初はこの上に乗ってるマスカルポーネのクリームを一緒に食べて
美味しい、美味しい、なんて思ってたんだけど
ベリーとルバーブだけがどうしても残ってしまい
あとは酸味との戦い

でも、とっても美味しいんですよ
私がちょっとそこまで強い酸味が得意でなかっただけ
なのかな?
最後のお会計時には
チュッパチャップスなどの飴の缶が出て来て
そんな心遣いもまた嬉しい
IMG_4328.jpg
こちらのレストラン
この内容でこのお値段なのは
やはりコースを絞ってるからなんだと思う
シェフが素材や産地にとてもこだわる方なので
その日一番の材料を使うから
どうしてもこうなっちゃうとか
でも、逆を言うと
いつも新鮮で美味しい食材が食べれるわけだ

特にデザートは
フルーツたっぷり使ってて
その素材へのこだわりがわかりやすかったな
ここはメインはそこまで感動しなかったけど
きっと前菜がおいしすぎて
メインへの期待が高まっちゃってたからよね
久しぶりに、またどうしても行きたい!
と思えるレストランに出会えたマダム愛なのでした


店名
Caius
ホームページ
コチラ
住所
6 Rue d'armaille 75017
電話番号
01 42 27 19 20
予算
前菜2品+メイン+デザート 42ユーロ
ワイン
けっこう品揃えあり
アクセス方法
Metro1/2/6 Charles de Gaulle Etoile駅
(凱旋門の駅です) 徒歩7分
Metro 1 Argentine 徒歩3分
近くの名所
凱旋門 シャンゼリゼ
予約
あった方が良い
お一人様
ちょっといにくい
子連れ
無理そう
外国語
大丈夫
ドレスコード
ちょっとお上品に
訪問時期
2012年9月


お味:85点
前菜美味しかった〜!
お店の雰囲気:88点
大人な雰囲気で良い感じ
店員の態度:85点
フレンドリーで好印象
お客にならった日本語を披露してくれた
コスパ:85点
これで42ユーロはお得と思えた
清潔度:80点
綺麗でしたよ〜
居心地度:88点
ゆったり出来ました
総合評価:85点
またいきたーい!と思えるお店

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言
前菜美味しかったな〜
絶対にまた行く!


もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

スポンサーサイト
comment (-) @ 凱旋門

Restaurant le W ホテルの中のカジュアルレストラン

2012/01/21
お帰りの時にポチポチと応援クリックお願いします
   にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

今回紹介するのは
日本から来た大人なゲストを連れて行った
Restaurant le W
さん
IMG_4464.jpg
こちら、フランスの口コミサイトでも評判良く
トリップアドバイザーでの上位にいるお店
シャンゼリゼ通りからすぐのHOTEL WARWICKに入っていて
フロントをつっきって奥に行くとあるレストランなので
ちょっと入りにくさはあるけど
店員さん、フレンドリーだし
さすがホテル、しっかりと接客するし
どうどうとしてれば大丈夫

あまりにも評価が高くてずっと気になってたけれど
フランスのグルメサイトのプロモーションで
デグスタシィオンコース
125ユーロが75ユーロに!
とか言うのがやっていて
そもそも125ユーロ自体、高い!
75ユーロになってもまだまだ高い!
HP見たら、1皿69ユーロとかもあり
こりゃ手が出ない!
と諦めていたら
前菜+メイン+デザートで35ユーロ
と言うのがあるのがわかり
基本、皆さん、そちらを頼むみたいなので
IMG_4466.jpg
これなら行けるねっ!と、さっそく予約。
行って来ましたよ~

店内は写真で見るほど重々しく無く
けっこうカジュアル
テーブルもかわいくセッティング
IMG_4465.jpg

私が前菜に頼んだのはコチラ
鯛のタルタルwithヘーゼルナッツ
IMG_4469.jpg
とても綺麗な盛りつけで美味しそう~っ
そしてお味は、、、と言うと
うーんとね、ちょっとね微妙だったのよね。
美味しいんだけど、味もさっぱりしてて良いんだけど
あまりにもヘーゼルナッツの量が多過ぎて
鯛の味が全然しない~っ!
50%はナッツなんじゃない!?って思う位の量
美味しいし綺麗なのに残念~っ

ダーリンが頼んだのが
カシューナッツのラビオリとカボチャのスープ
IMG_4468.jpg
後からスープをかけるパフォーマンスで
なかなか楽しめます
スープはお上品でかぼちゃの甘みもしっかりしてて美味しかった

さてメインはと言いますと
私が頼んだのはチキンとレンズ豆のココット煮
のようなもので
IMG_4472.jpg
どーんとココットごと登場し
自分でお皿に盛って食べるので
IMG_4481.jpg
量も調節しやすいし、なんと言ってもいつも熱々が楽しめる
使っているお肉は胸の脂の無い部位だけで
柔らかいけどさっぱり淡白
煮込んでいるソースもバルサミコ酢なんかを使っていて
これまたさっぱり
女性には嬉しい味
男性にはちょっと物足りないかもな。
ちなみに私は途中でちょっと飽きちゃった。
女子だけど。コッテリ好きなんで。

ダーリンのメインはコチラ
IMG_4475.jpg
お~ 綺麗!
これ、エイなんです。
ソテーしたエイをクレープで巻いてる感じ。
IMG_4477.jpg
香りは旬のセップ茸(ポルチーニ)
これまたバターを使っていてコクはあるけど
意外にサッパリしてて、あんまりインパクトないかも。
ま、普通に美味しい、、、かな。

このお時点でお腹いっぱいだったんだけど
デザートは?と聞かれ
しかもお兄さんがこんな感じで来るものだから
IMG_4484.jpg
覗き込んだが最後
IMG_4482.jpg
うーん、食べたい。ものすごく食べたい。
と言う欲望が出て来てしまい
きわめつけは
「何個でもいいですよ」
の言葉。
こりゃ、頼むしかないよね!
そして盛ってもらったのがコチラ
IMG_4487.jpg
クレームブフュレ(左)
パッションフルーツのパンナコッタ(真ん中)
チョコとなんかのケーキ&ラズベリーソース(右)
それぞれ2口くらいで食べれる大きさなんだけど
3つも頼むとそりゃ、なかなかの重さです
最後はひーひー言いながら食べたけど
デザートは、ここ、美味しい~
レストラン専属のパティシエさんが作ってるんだね
きっと。

こちらはダーリンの選んだデザート
IMG_4489.jpg 
どれも甘すぎず、日本人好みな味デシタ。

こちら、ホテルのレストランと言う事で
しかもHPとかで見ると1皿すごい高いから
ちょっと引いちゃう感じがするけれど
実際行くと、かなりカジュアルな雰囲気で
でも接客などがしっかりしていて
場所もシャンゼリゼからすぐだし
旅行客の方にはとても使いやすいレストランだろうな
って思います

お味ははっきりに言って可も無く不可も無く
そんな美味しいと感動出来るほどではないけれど
まあ、悪くもない。
あくまでも35ユーロの安いメニュー内の話ですが。。。
でも、この雰囲気のお店で125ユーロのコースを食べる
って言う感じでもないな。
それくらいけっこうカジュアル。

私はまた行くかわからないけど
シャンゼリゼ周辺でレストランを探していて
尚かつ、パリにあまり慣れてない人には
お勧めするかもしれません

店名
Restaurant le W
ホームページ
コチラ
住所
5 rue de berri 75008
電話番号
01 45 63 14 11
予算
前菜+メイン+デザート 35ユーロ
前菜+メイン/メイン+デザート 29ユーロ
ワイン
普通
アクセス方法
Metro1号線GeorgeⅤ 徒歩2分
近くの名所
凱旋門 シャンゼリゼ通り
予約
満席ではなかったけど、予約はした方が良いかも
お一人様
ホテルのお客とかか1人で食べてた
子連れ
小さいお子さんはNGかな
外国語
問題ないです
ドレスコード
普通+アルファくらいで
訪問時期
2012年10月


お味:70点
悪く無い。けど感動するほどでもない
お店の雰囲気:75点
ちょっとお洒落なレストランレベル
店員の態度:85点
ホテルならではの接客
コスパ:80点
見た目が綺麗だけど
内容的にはそれほどコスパが良いわけではない
でも場所と雰囲気からするとお得な感じはあり
清潔度:85点
清潔でしたよ〜
居心地度:82点
店の形がちょっとかわってるけど
イスとかテーブルの間隔とか悪く無い
総合評価:78点
日本からのゲストにはいいかも

ランキングに参加しています

このボタンをクリックするだけで
ランキングにポイントが加算されます
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時2つポチポチご協力お願いします

マダム愛の一言

女子には喜ばれそう。
私みたいなコッテリガッツリ好きな女子はダメだけど

もう1つのブログ
「徒然パリ日記」は
コチラをクリック

comment (-) @ 凱旋門

Comme Chez Maman 地元のムッシュ&マダム達に愛されてる店。

2011/03/23
クリックでランキングに点が入る仕組みです
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
お帰りの時に応援のクリック是非お願いします
最後に同じボタンがあります

パリで貸しアパート始めました
詳細はこちらをクリック



パリの地図で言うと左上にあたる17区は
ハデな観光名所などが無く

どちらかと言うと住宅になってまして

ここには案外
穴場なレストランがあったりするんです。

今回紹介するレストランは
地元に住むマダムがお勧めしてくれた

そんな隠れ家レストラン

Comme Chez Maman

訳すなら”ママの家の様に〜”って感じかしら?

IMG_0036.jpg 

確かにこれは
ナカナカ観光客は行かないだろうと思われる

そんなエリアにありまして

でも案外
この周辺にはレストランがたくさんあって
どこも賑わっていたので

地元の人達に人気のある
そんなレストランエリアなのね。

IMG_0025.jpg 

伺ったのが日曜の昼だったけど
一応ランチメニュー(19ユーロ)なるものもあり

平日しかランチメニューをしてないお店が多いこのパリで
これはナカナカ嬉しい。

それどころか
日曜にOPENしてるってだけで

かなりな希少価値。

地元の人が便利で利用するわけね。



この日のメニューは
なんだかイマイチだったので

だったら普通にメインを1皿頂きましょうと

アラカルトで注文。

前菜は注文しなかったけど
7ユーロから18ユーロと幅広く

IMG_0023.jpg 

すんごい魚介の盛り合わせみたいのとか
けっこう楽しそうなのがいっぱい

私達が頼んだのはコチラ

冬の料理の定番
Blanquette de veau(22ユーロ)

IMG_0027.jpg 

子牛肉をクリームソースでコトコト煮込んだお料理で
あつあつのココット入りで登場っ

つけあわせは
これまた定番

ご飯。です。
IMG_00331.jpg 

これを自身でお皿にとって頂くんだけど
IMG_00341.jpg 

見た目はちょっとくどそうだけど
案外さっぱり〜

クリームソースだけど
比較的さらさらっとした感じで

しかも生姜が入っているせいか
後味もすっきり。

ビックリするほどご飯とあうんだな。これが。

お肉も良い感じにやわらかくって
ほろほろ〜っとほどける感じ。

ガンガン行けちゃう美味しさだったけど
量がちょっとね、少ないの。

私はランチだったからまだいいけど
ディナーで頼んでたらちょっと不満かもなー。

でも美味しく頂きました。


そしてもうひとつのメインがコチラ

Steakですね、ステーキです。(26ユーロ)
IMG_0029.jpg 

しかもこの真っ黒のソースは
赤ワインと味噌と言う

なんとも言えない組み合わせ。

そしてそのお味はと言いますと

うーんと、、、、、微妙?

なんかね〜
味噌、古い?

癖のありすぎる味噌の味に
酸味のある赤ワインがまざり

奇妙な感じに。

christine 

お肉が上質でやわらかく
美味しかった分

ソースが残念だったわー。

でもでも、この付け合わせのマッシュポテトが
フランスの伝統料理アリゴって言われるやつで

チーズやらバターやらクリームやら
そんなのをたっぷり練り込んでて

びよーーーーんって延びて
面白かった。
IMG_0031.jpg 

もちろん、これは美味っ
高カロリーは必至だけどバクバク食べれちゃう〜。

ステーキのソースは味噌なんかにせず
シンプルなグレービーソースとかにしてたら

これはナカナカの1品になっただろうに。

むしろ残念だわ。

昼からがっつりとメインを頂き
満足な私達。

でもでも

これがディナーだったら
ちょい少ない気がするな〜

実は後で発見したけれど
ここのデザートがかなりお勧めだったらしい。

今度はデザートにチャレンジしたいわ。


店名
Comme chez maman
ホームページ
http://comme-chez-maman.com/fr/index.html
住所

5 Rue des Moines 75017 PARIS
電話番号
01 42 28 89 53
予算
前菜+メイン+デザート ランチ19ユーロ
ディナー アラカルトで約40ユーロ
ワイン
品揃えは普通かな。
アクセス方法
Metro13番線 Blochant駅 徒歩5分
近くの名所
モンマルトルと凱旋門が15分くらい?
予約
なくてもOKそうでした。でも人気はありそう。
お一人様
地元のムッシュマダムが友達と来てるパターンが多く
一人だとさみしくなっちゃうかも。
子連れ
ランチタイムなら有りかも。
外国語
大丈夫みたいですよ〜。HPも英語があるくらいだから。
ドレスコード
それなりの普段着で
訪問時期
2014年冬


お味:75点
味噌と赤ワインソースがちょっと、、、ダメ。
お肉はおいしかったんだけどね
お店の雰囲気:80点
悪く無いです。
店員の態度:75点
普通かな〜。あんまりフレンドリーってわけでもない。
コスパ:68点
値段の割に量が少ないな〜
清潔度:75点
普通にシックでお洒落。
居心地度:78点
悪く無いです〜
総合評価:72点
メインが量の割に高い印象。
今度はランチメニューとかを試したいな。

お帰りの前に下のボタンを
ポチポチクリックお願いします
 
ポチ↑ ↓ポチ
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ご協力ありがとうございました

マダム愛の一言

もう1つのブログ
「徒然パリ日記」はコチラをクリック


旧・パリのレストランはコチラからどうぞ

comment (-) @ 凱旋門